カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2018年6月24日 (日)

ルーヴル美術館展に行く

日曜日の今日は親戚の法事があり、
家内の両親を交えて午後は親戚との宴席。

勧められるままに冷酒を飲み過ぎ帰宅後はそのまま爆睡。





金曜日、鹿島神宮を参拝し高速バスに乗り東京へ。

鹿島から東京行きのバスの本数は多い。
乗車する客も多いのは鹿島臨海工業地帯の
工場群があるからだろう。


ちょうど昼時に東京駅に到着。


東京で働く娘と一緒に昼食を・・

とも思ったが急なことで連絡が取れない。

きっと忙しいのだろう。


東京駅ビルで昼食の後に地下鉄に乗り国立新美術館へ。

Sdsc09322


「ルーヴル美術館展」



テーマは「肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」

古代エジプトの仮面やメソポタミアの彫像から19世紀の作品まで。


ハムラビ王やアレクサンドロス大王、
ナポレオンたちの権力者の彫像や肖像画、
デスマスクなど110点。



Sdsc09316


この展示は絵画だけではなく大理石やブロンズ像
、装飾品などの多彩な作品が紹介されている。







ナポレオンが特別に一室なのは
フランスにとって特別な存在だからだろうか。


Sdsc09323


有名なグロの「アルクレ橋のポナパルト」、
そしてデスマスクやクロード・ラメ作の巨大な彫像。



871c68b0620fc19fa570ad327252eddf


印象に残ったのは、アングルの「フランス王太子、
オルレアン公フェルディナン=フィリップ・ド・ブルボン
=オルレアンの肖像」。



そしてオーギュスタン・パジュー作の
18世紀の女流画家「エリザベート=ルイーズ・
ヴィジェ=ルブラン」の胸像。


Pajouvigeelebrunlens




優れた肖像作品は描かれた人物の人柄までも見事に伝えている。


時の流れの中でこれらの作品によって
永遠の生命を与えられた人たち。



そして最後の部屋は昨年も観ることが出来た
アルチンボルトの「春」と「秋」




ミュージーアムショップに今日の法事にも来ていた
家内の従妹が出店していて、
多彩なエッフェル塔グッズなどもあり、
なかなかの盛況だった。

Sdsc09318
いくつかのグッズを買ったことを彼女に伝えたら、
買ったものは隣のブースの他の店の商品だった。
 

あいかわらずドジな自分なのであった。 

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

鹿島立ち

曇り空の土曜日は昼から雨。

Sdsc09294

木曜は仕事で水戸へ。

翌金曜日は休みをとって鹿島神宮に行っていた。

Sdsc09314_2

2日ほど空けたので今日は出勤。


溜まっている決裁待ちの書類に目を通す。

机上にはその他メモの山。

留守の時にいろいろと悩ましいことが起きたようだ。


そして午後はお寺の役員会。

新しい役員改選、会計報告その他のルーティンな内容で30分ほどで終了。

新たな役員が増えたけれどもあい変らず自分が最年少だ。


木曜日は水戸で仕事を終え、そのままビジネスホテルに一泊。

翌朝水戸駅から6時45分発第三セクターの鹿島臨海鉄道線に乗車。

2両編成の古びた車両。

同乗者は南米系を思われる女性が4人ほど。

ディーゼル電車特有の臭漂う車内で彼女たちの大きな声が響いている。
そのうちしゃべり疲れたのか各々横になって寝始めた。

自分も釣られてウトウト。

そのうち通学の高校生たちが大勢乗りはじめた。
気がつくと先ほど寝ていた彼女たちの姿が見えなくなっている。


鹿島臨海工業地帯に立つ風力発電用の風車を眺めたり、長い北浦を車窓から見ているうちに終点鹿島神宮駅。

所要時間は90分ほど。


平安時代、神宮と呼ばれたのは伊勢神宮、鹿島神宮、香取神宮の3社のみ。


鹿島神宮は神武天皇の時代に創建とされているほど起源が不明で、大和朝廷の時代には北の蝦夷に備える前線基地だった関東で最も古い神社。

Sdsc09296


駅からの長い上り坂の途中には塚原卜伝の像。

そして鹿島神宮は早朝にもかかわらず境内は人が多い。

水戸徳川初代藩主徳川頼房奉納の巨大な楼門は重要文化財。


Sdsc09300_2



鬱蒼と茂る古代の森は神秘的で、この場所だけが特別な空間であることを実感する。

Sdsc09302



徳川家康創建のこれまた重文の「奥宮」を経て地震の大鯰の頭を押さえているという要石。

Sdsc09303

お目当ての一つの宝物殿は改修中で拝観できない
国宝の直刀が見ることが出来ないのが残念。


Sdsc09306


人型に息を吹きかけお祓いを願い、鹿の容器に入った御神籤は中吉だった。

Sdsc09309


今年は自分にとって区切りの年。

気持ちも新たに「鹿島立ち

| | コメント (0)

2018年5月27日 (日)

レコードコンサート、そしてぬまづ港の街 BAR

5月最後の日曜日は晴れ、最高気温26度。

アオダイショウが狙っていたツバメのヒナたちは無事巣立ったようだ。

今朝親らしき2羽がペチャペチャと会話をしながら巣の中に潜り込んでいた。

金曜の夜は市民文化センター主催のクラシックレコードコンサート。


Sdsc09150_1

今回は今年生誕100周年のバーンスタインを取り上げた。

作曲家としてのバーンスタインを中心に取り上げ、「ウエスト・サイド・ストリー」 「オン・ザ・タウン」そして「キャンディード」など。


Sdsc09179





作曲家、指揮者、そして教育者として大きな足跡を残したこの大芸術家の偉業はとても2時間では紹介し尽くすことはできない。

演奏の紹介はあと2回ほど必要かもしれない。

事前予約制だが、最近は常連さんが多くなって予約なしで来る方も多いので、用意した資料が足りなくなってしまって嬉しい悲鳴。


Main

そして土曜日は「ぬまづ港の街 BAR」


この日沼津市内はイベントが多く、母は甥が自前の鎧兜を着用して参加する長浜城北条祭りへと出かけていった。

結局人が多くて自分の孫がどこにいるのかわからなかったらしい。


自分は家内と娘と娘の友人を車に乗せて通勤用に借りている駐車場に止め、駅前からシャトルバスで沼津港へ。

駅前商店街もこのイベントに参加しているので、ちょうど近くの神社の祭礼と重なり駅周辺も賑わっていた。


沼津港では予約していたBARチケットを購入。

近くで女性サックスユニットがライヴ中。

Sdsc09152

さっそく漁協直売所でサザエとマグロの串セットと生ビール。

遊覧船に乗り込んだ駿河湾のサンセットクルーズではあいにくの曇天のため、美しい駿河湾の日没をみることができなかった。

Sdsc09160


今回は特別ゲストでジャズピアニストの大西順子が来演するとのことだが、連れもいるのでもっぱら食い道楽。

この日限定のバルメニューはチケット1枚。

かなり楽しめる。

お土産は「やいづや」のはんぺんセット。

そして今や定番となった京丸の「うなぎ弁当」。
缶ビールもついてチケット1枚(およそ700円)は安い。

S20180525_1555

ブラブラと港内を散策しながら「かねはち」のトロ鯖にぎり。

「武田丸」の中トロにぎりなど・・・・・食べ歩き。

Sdsc09170


会場の数カ所でアマチュアバンドのライヴやら大道芸など。


Sdsc09167


娘のペアは途中から河岸を沼津駅前に移したらしい。

2年ぶりのバルは、駅前会場も加わったので沼津港の人出は分散したようだ。
前よりも人は少ないように感じられた。

このイベントも曲がり角かな。

そして夜は本番まで1週間を切った沼響の練習。

長くなりましたのでこちらは次回。

Youtubeはバーンスタイン70才バースデーコンサートから「キャンディード」のフィナーレ

| | コメント (0)

2018年4月24日 (火)

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

曇りのち雨。
ここしばらくの気温上昇はしばしのクールダウン。


来週はもう5月。

昨日は所用で東京へ。


用件は午後からなので、午前中は国立新美術館で開催中の「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」に行っていた。

Sdsc08972


早めの新幹線に乗り美術館のオープンとほぼ同時刻に入館。

平日にもかかわらず印象派の有名絵画が来ているということでかなりの人。




稀代の絵画コレクターとして著名なビュールレの所蔵500点の中から、印象派の絵画を中心に64点の展示。



その半数が本邦初公開だという。



64点の全貌は17世紀のオランダ絵画から20世紀のモダンアートまでのルノワール、セザンヌ、ピサロ、ドガ、ゴーギャン、ゴッホ、モネ、マネ、ピカソそのほか



いずれもチューリッヒにあるビュールレ宅に隣接している美術館に展示されているもので、2008年に大規模な盗難事件があってからは閲覧が制限されているという。


実際にチューリッヒに行ったことがある職場内の絵画マニアによると、ビュールレの美術館は休館日が多く入館も申込制とのこと。


2020年に全作品がチューリヒ美術館に移管されるため、ビュールレ・コレクションとして見ることができるのはこれが最後。


この中の目玉はルノワールの「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」とセザンヌの「赤いチョッキの少年」

いずれもほとんどの人が一度は見たことがある絵だろう。

Img_0

他の展示作品もいずれも強いインパクトを受ける作品ばかり。

モネの「陽を浴びるウィータールー橋」では紗のかかったような薄靄の向こうに見える橋の存在が立体感を伴って見えてくる。

この立体感は本物でなければ感じることができない。


21208



「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」は写真や複製で見たことがあるけれど、本物がこれほど凄いとは思わなかった。

可憐な純粋無垢の8才の少女の姿。


20180321202033



ルノワールの少女への愛情がそのままにじみ出ているようだ。

モデルとなったユダヤ人の家庭に生まれたイレーヌ嬢のその後の悲劇的な生涯を思うと、美しさとともに運命の悲しさまでも見えてくるよう。


Sdsc08967

最後に飾られていたのは、クロード・モネの「睡蓮の池、緑の反映」。

横幅4メートルを超える大作。

ここだけ撮影可となっていて大勢の人がスマホで撮影中。



Sdsc08970


この絵が国外で出るのは初めてだという。

うーん・・・・

生意気なことを書かせていただくと、ここで飾られている絵はモネの睡蓮の中では出来の良くない方だと思う。

なんとなく散漫で全体像が曖昧のまま。

他の絵のレベルが高いものばかりだったのでなおさら目立ってしまった。


東京に行く用件がなければそのままスルーしてしまった展覧会だけれど、見ておいて本当によかった。



それにしても一個人がよくこれだけのものを集めたものだ。

よほどの財力の持ち主だろうと会場にあったビュールレの年譜を見たら納得。




ごく一般の家庭に生まれたものの銀行家の娘と結婚。

そして岳父のつながりでスイスの機械メーカー、エリコン社の代表となっていた。

エリコン社といえば高性能航空機関砲のメーカーとして有名だ。
ゼロ戦に搭載されていた20ミリ機関砲もエリコン社製のコピーだったはず。


ちょうどビュールレが経営していた時期は、第一次世界大戦の終わりから第二次世界大戦の終結までの時期と重なっている。


当然引く手あまたの高性能機関砲メーカーとして、莫大な利益がころがりこんだことであろう。



ルノワールの「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」は所有者のカーン家がユダヤ人だったためにナチに略奪され一時ヒトラーの片腕だったヘルマン・ゲーリングの所有となっていた。


イレーヌの身内はアウシュヴィッツに送られている。


終戦後所有者であるイレーヌ嬢本人に返還されたが、1949年にビュールレがイレーヌ本人から買い取っている。


そのときイレーヌは77才になっていた。

自分のよき時代の思い出の絵をイレーヌはどのような気持ちで手放したのだろう・・・


しばし絵の前に佇みながらそんなことを思ったりしていた。



Sdsc08983

昼食は代々木上原のそば処「山せみ」

駅前の坂を上った路地裏のマンションの一角の店。


Sdsc08977_2

良い素材を使ったほど良き揚げ具合のてんぷらに、腰の強い手打ちのとろろ蕎麦と鴨南せいろのセットもの。




Sdsc08978




Sdsc08981



上質な蕎麦に室内には静かにバロック音楽が流れる落ち着いた良い店だった。



0006040497u1_740x555y


ちょいと長くなりましたので続きは後日。

| | コメント (4)

2018年3月30日 (金)

春の盛りのボエームの会

ここ数日暖かな日が続き昨日の東京は真夏日を記録。
年度末は身の回りの思わぬ急変で慌ただしい日々。

その中で水曜の夜は定例のボエームの会。

場所は三島の小料理「はちまき」で。

640x640_rect_8103763

メンバーは幾多の変遷を経て今は男4人に若き女性クラリネット奏者を加えた5人。


Pak_aoiyozakura15201751_tp_v



店に行く途中、公園の夜桜が美しかった。

今宵のお酒は愛知半田の酒の文化館、中埜酒造の「國盛」、名城ひやおろし、「吉乃川」そのほか。

Sdsc08851

今回写真はあまり撮れていないが、料理は大型の太刀魚の焼き物、カサゴの素揚げその他。

Sdsc08853


〆ははちまき特製、の激辛カレー焼きそばなどなど。


Sdsc08855


話題は先日急逝した大沼沼津市長の思い出話から、苗字からのルーツの話そのほか・・・


Sdsc08857

このささやかで和やかな宴に加わることができることが日常の幸福とでも言うのだろう。

春宵一刻値千金


| | コメント (0)

2018年3月18日 (日)

「沼津アルプストンネル」貫通記念イベント

良く晴れた日曜日。
家の近くの早咲きの河津桜は半分ほど散っていた。

Sdsc08807

今日は国道414号線「沼津アルプストンネル」貫通記念イベント。



Sdsc08752



ここは自宅から徒歩5分の至近距離。

Sdsc08787

始まりの10時前から大勢の人が集まりました。

入り口では大平側の大平囃子保存会のみなさんのシャギリが出迎えてくれた。


このトンネルは全長1,177m。


Sdsc08770


まっすぐのトンネルで入り口の下香貫側口からは出口の大平口が良く見えた。



大勢で歩いているのでなかなか出口まで辿りつけない。

しだいに無言になっていく参加者たち。
Sdsc08781

大平口に出ると貫通したもののこちら側の道路はほとんどできていない。


Sdsc08783


かつて石切り場だった箇所に崩落があり、その修復に一年かかってしまったとのこと。


徳倉山は入り口側と山の大部分は、溶岩が急速に固まった安山岩なのが大平口の部分のみ火山灰が堆積してできた凝灰岩。


完成は5年後だという。



Sdsc08805

来た道を折り返し入口に着くと出迎えてくれたのは飛龍高校の「飛龍太鼓」。




全国高等学校総合文化祭 郷土芸能部門の3位受賞歴2回でかなりの腕前。

高校生たちの生き生きとした表情が実によかった。

正面の地面にキチンと正座をしながら聞き入っていたおばあさんの姿が印象的でした。

フレッシュで豪快な演奏に力をいただく。



Sdsc08808


記念グッズは貫通石のお守り。

隧道(トンネル)貫通の石は安産のお守りだという。

てっきり安山岩とかけているのかと思ったら古事記の記事にある神功皇后由来の安産の石だそう。



そして枡と貫通記念バージョンの「のっぽパン」。



帰宅後聴いた音楽はバッハの息子たちの音楽。

バッハの11男、ヨハン・クリスチャン・バッハと次男カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ。

Sdsc08735

・ヴァイオリンとチェロのための協奏交響曲 イ長調
               (J.C.バッハ)
・ 2つのチェンバロの二重協奏曲ヘ長調Wq.46
               (J.C.バッハ)
・チェンバロ協奏曲ニ短調Wq.23    
                (C.Ph.バッハ)
・オーボエ協奏曲変ホ長調Wq.165
                (C.Ph.バッハ)


チェンバロ:グスタフ・レオンハルト

第2チェンバロ:アラン・カーティス

オーボエ:ヘルムート・フッケ

コレギウム・アウレウム合奏団
コンサートマスター:フランツヨーゼフ・マイアー

名手達の競演。

ハルモニアムンディ原盤の国内盤LP.


中でもJ.C.バッハの2曲が美しい。

YoutubeはJ.C.バッハのヴィオラ協奏曲

| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

今年最初のボエームの会は皆既月食

曇のち雨。

今日から2月、また寒くなり東京は雪の予報。


昨晩は今年最初のボエームの会。

場所はいつもの三島の小料理「はちまき」



640x640_rect_8103763_2


会議を終え、沼津発宇都宮行き18時8分発の
東海道線に乗り隣町の三島へ。

「はちまき」に着くとメンバーは既に集まり歓談中。

とりあえず最初のビールを流し込み
早く追いつこうと盃を重ねる。


Sdsc08506_2

酒は「菊正宗樽酒」、「花の舞純米原酒 しぼりたて」、
「鬼ごろし若竹」に「三諸杉 純米吟醸」。



メンバーは男4人に紅一点の若き女性クラリネット奏者。



Sdsc08504_2



料理は山形の寒鱈汁を囲んで。

新鮮な白子でシャブシャブ風に。



話の途中で皆既月食の話題となり
一時中断して皆で外へ出ると、
ちょうど月は欠け始めだった。



Du36bn6voaa5ojy_2


スーパームーンと皆既月食が重なるのは
35年ぶりだという。
35年前の自分のことをふと思う。
再び宴席にもどり楽しい会話。

話は弾み酒は4本とも瞬く間に空に。

| | コメント (0)

2018年1月 4日 (木)

正月は伊東温泉

本日快晴、今年は元日からよく晴れた。
年末年始は一日一日が慌ただしく過ぎ、時間の経つのが実に早い。

休暇は終わり今日から仕事始め。家内や娘はまだ休み。



朝の社長挨拶の後、いつもと変わらぬ日常。

早くも正月は遠い彼方の出来事のよう。




今年の正月は2日から伊東温泉へ行っていた。

正月三が日に家を空けるのは初めてのこと。

愛犬ポコの面倒は弟に頼んでおばぁちゃんも連れての一泊旅行。


S20180102_150507426

宿は野坂昭如作詞いずみたく作曲のCMソングで知られる「ハトヤホテル」

この一回聞いただけで覚えられる名作CMは自分が小学生の頃から流れていた。


CMを見て、「泊まりたいなぁ」と子供心に思いつつもこの年まで行くことはなかった。



伊東まで自宅から車で一時間余り。


到着すると予想通り昭和の雰囲気を各所に残す雰囲気はあれど、

要所要所はリニューアルされていて、今まで生き残ってきたのも納得。

駐車場にはハトヤ消防の車。

本当に出動したことがあるのだろうか?
Sdsc08368

年始ということで満室状態。

小さな子連れのファミリー層が多かった。

ホテルに到着早々、マイクロバスに乗り姉妹ホテルのサンハトヤの海底温泉風呂に行ってみた。


ここは海底から自噴している温泉を使用した大浴場。

周囲は水族館のような魚とウミガメが泳ぐ大水槽。

ところが小さな子供たちがはしゃいでいて落ち着かない。
やはり子供向けだ。

本家のハトヤホテルの大浴場はオーソドクスな温泉宿の湯。



夕食は大ホールで豪華バイキング。

料理は良かったが、ビンゴ大会は景品が完全に幼児向けで途中でやる気が失せ食事に集中。

Sdsc08350


部屋の窓から見える相模湾の夜景。


海上には初島リゾートの明かりが見える。遠くの大都市の灯りは藤沢市街のようだ。
 

Sdsc08353



3日は熱海の来宮神社に行ってみた。
 

Sdsc08372


ここには樹齢2000年の大楠があり、最近パワースポットとして注目されているのだという。

Dsc_7376600x401


予想通りの混み具合だ。


大楠を見て一昨年切った庭の楠を思い出した。

Sdsc08370



家の楠は樹齢80年、大きさは来宮神社境内の推定樹齢2000年の大楠にはとうてい及ばないが元気に育ちすぎて、太い根が家の土台下に入り込み持ち上げはじめたので、切り倒すことに。




ここで引いたお神籤は大吉だった。

家族全員が大吉だったのが不思議。


そして行列の出来ている店を何軒か目撃しながら、そのまま東京へ帰る帰省していた娘を熱海駅まで送る。



熱海の町は一時鄙びていたのが見違えるように活性化していた。



途中丹那盆地のパン屋に寄りながら日の明るいうちに帰宅。



飽食の今年の正月はこれで終了。


長くなりましたので音楽の聴き初めは次回。

| | コメント (0)

2018年1月 1日 (月)

2018年、戌年の正月

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ことしは戌年。

ポコは今年も元気です。

Simg_1371

雨がぱらついた大晦日から平成30年戌年最初の朝は風もなく快晴。


初日の出もよく見えた様子。

Sdsc08324

大晦日、家の掃除が早く終わったので、一杯になってしまったレコード棚の棚の移動を始めたら年を越してしまった。



Sdsc08322


音盤整理をしているうちに次々と見つかるダブリ買い音盤。

国内盤と外盤で同じものもあったりしている。


Sdsc08317

ダブッていても同じ国内盤でもマトリックス番号が異なっていたりすると、どちらが音が良いか聴き比べたくなってしまって手放せない。

最近フォノイコライザーにはまっていたりするのでなおさらだ。



そして元旦。

昼は弟家族を交えての年始の食事。

Sdsc08329

今年の正月料理の多くは娘の手製。

京都の大学に在籍している甥は京都の正月を満喫したいと帰省せず。




そして地域の鎮守、楊原神社と吉田神社へ初詣。


Sdsc08339


その後に家内の実家で夕食。

芸能人格付けチェックを観ながら、いつものプロとアマチュアの演奏家の聴き比べや
総額39億円と80万円の弦楽器との比較などを面白く見ながら。

昼からの酒と正月料理の攻勢でいささか胃が持たれ気味。

お酒を飲み始めた娘たちを見て岳父はゴキゲンだ。





家内の実家を辞したのは9時過ぎ。

Sdsc08345


帰るついでに夜遅くの三島大社に行ってみた。

この時間はさすが空いていた。

風はない。
さほど寒くもなく頭上の大きな満月が参道を照らしている。

引いた御神籤は小吉だった。

サラリーマン生活も残り少なくなった。

今年は堅実地道に過ごそうか・・・・・


元日はお酒漬けで音楽は聴いていません。

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートは録画しておいた。

| | コメント (0)

2017年12月14日 (木)

今年最後のボエームの会は鴨鍋で

きょうも晴れ。
大きく見えた富士山は強風のためか雪が飛ばされて地肌が見えている。

昨晩は今年最後のボエームの会。

640x640_rect_8103763

場所はいつもの小料理「はちまき」。

会議が長引き18時開始に間に合わない。

会議が終わったと同時にオフィスを飛び出し駅へ走る。

12月に入り忘年会シーズン。
途中でそれらしき知人何人かとすれ違った。

Sdsc08203

店に着くと既に鍋を囲んで宴たけなわ。

今回の参加は5名。

男性4人に新婚クラリネット吹きの女性1人。

鍋は鴨鍋。

秋田産の鴨に太いネギがびっしり。


Sdsc08211


ほど良いだし加減に獣肉のような鴨。

お通しに氷頭があるのも嬉しい。



Sdsc08207


お酒は秋田の芳醇な大吟醸「秀よし」から開始。
若き女流クラリネット奏者の酒豪ぶりは健在。

彼女に釣られて次々と空いていく酒瓶。

続いて「竹鶴」純米、清州の「隠し吟醸」エトセトラ。


Sdsc08208


会話は音楽から暦の話、世間の下世話なことから最近経験した身の回りの出来事。
苗字の話からルーツに至るまでの多岐にわたって3時間あまり。


最後に出たのは「はちまき」裏メニューの激辛焼きそば。


Sdsc08214

もう10年ほど続くボエームの会も今年はこれで打ち止め。

終わり近くにはピアニストの海瀬京子さんも顔を出して下さった。

お土産に「はちまき」特製のカレールーまでいただきました。


Sdsc08216
これで娘と家内の機嫌も良くなるだろう。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧