カテゴリー「音盤視聴記録」の記事

2018年1月17日 (水)

フランセの六つの大行進曲

昨夜半からの激しい雨は朝には小降りになったものの終日雨模様。


気温は高く出勤時の外気温度は12度。

昨日同時刻は1度だった。


風邪は治ったがどうも体に力が入らない。
首回りのコリと五十肩の痛みで睡眠不如意。

巷ではインフルエンザが流行中。




気軽な備忘録のつもりでこのブログを書き続けて今日で開設12年め。

振り返って古い記事を読み返すと当初の文体の方がナチュラルで要領を得ていたようにも思う。
沼津交響楽団のホームページの聴き比べコラムも同様で、最近の記事は冗長で理屈っぽさが目立つ。

ちょいと反省。

Sdsc08409


音楽はフランスの作曲家フランセの行進曲集。

正確には「六つの大行進曲 第一帝政のスタイルで」

演奏はジョルジュ・ツィピーヌ指揮のコロンヌ管弦楽団。
仏パテの10吋盤でモノラル。



軽妙洒脱なフランセの芸風とはまた異なる勇壮で華やかな行進曲の数々。

フランス独特の明るい音色が楽しいホルン合奏のファンファーレ隊が活躍したりと滅法楽しく、それでいてノンキなテイストが漂うのが面白い。


Sdsc08416

終曲などイギリス国歌「ゴット・セイヴ・ザ・クィーン」とフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」が掛け合い、最終的にフランス国歌が勝つという、
チャイコフスキーの大序曲「1812年」のパロディとなっている。


オネゲルで驚異的な名演を残しているツィピーヌの指揮は非常に良い。

イコライザーはリアよりもロンドンカーヴが自然だった。



Youtubeはフランセのホルンとピアノのためのディヴェルティメント

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

アンセルメの火の鳥全曲

寒が緩む良く晴れた1日。

晩年のアンセルメの演奏に興味が出てきて、アンセルメ最後の録音「火の鳥」
全曲を聴く。


Sdsc08230

こちらのオケはニューフィルハーモニア管。

これまでほとんどロマンド管と録音していたアンセルメがここでニューフィルハーモニア管との録音。手持ちは国内盤LP。

こちらも遅いがメンデルスゾーンを聴いた時に最初に感じた停滞感はない。

表現の必然としてのゆったりとしたテンポ設定。

オケの力量も安心して聴ける水準。

じっくり歌う子守唄から雄大に盛り上がるフィナーレの壮大さからは老いは全く感じられない。

そして同じ全曲で1955年スイスロマンド管との録音。



Sdsc08234

 
ステレオ初期の録音で多少レンジの狭さは感じるものの、再録音の音とさほど遜色は感じられない。
こちらも国内盤LP。


速いテンポで突き進む「魔王カッチェイの踊り」の華やかさは再録音よりも好ましい。

フィナーレはテンポ設定が再録音とほぼ同じなのに、音楽自体小さなものに感じられる。



ニューフィルハーモニア管との録音にはリハーサル風景も残されている。
手持ちは特典盤として出ていた国内盤LP。


冒頭のヴァイオリンのフラジョレットの部分でD線の調律をA線に変えさせ、数小節後に元に戻させる部分など実演ではまずありえないことで。

編集を前提としたレコーディング現場での、アンセルメの職人的な秘密技が垣間見えるのが非常に興味深い。


音程のふらつきへの鋭い指摘を聴くと、アンセルメの聴覚は最後まで鋭敏であったことがわかる。

全てFFrrカーヴでの視聴。


Youtubeはゲルギエフの火の鳥

| | コメント (0)

2018年1月13日 (土)

アンセルメのメンデルスゾーン

土曜休み。
長かった風邪はようやく収まった模様、朝ポコとの散歩で見た富士山。

雲一つない青い空。

Sdsc08397

真っ白だった。


S26733808_1568387296613985_63457400

そして昼食は家族でケーキの名店ペルルの直営店「cafe genten」でランチ。

S26904430_1568386083280773_78221664

今日から新メニューだそうだ。


「ビーフシチューハンバーグのパイ包み」

S26814740_1568387083280673_85752273

音楽はエルネスト・アンセルメのメンデルスゾーン。

交響曲第4番に序曲が3曲。


手兵スイスロマンド管とのスタジオ録音で交響曲は1964年、アンセルメ82歳時の録音。

手持ちは70年代に出た国内LP.


Sdsc08231


・交響曲第4番 イ長調 「イタリア」

・序曲「フィンガルの洞窟」
・序曲「ルイ・ブラス」
・序曲「美しいメルジーネの物語」


最初からゆったりとしたテンポなのはアンセルメが細かな棒を振れなくなったからか、
それともオケの性能に合わせたのかは不明。




吹きこぼれるような闊達な演奏が多い中でのスローモーさがユニーク。


最初はずいぶんと緩い演奏だなあと思っていたものの、
聴いていくうちにこの遅さが必然のように思えてくるのが不思議。

実際、他の演奏では聞こえてこないような、いろいろな音が浮かび上がってくる。


序曲3曲は軽く爽やかな涼風が吹くようなメンデルスゾーン。


再生はffrrカーヴ。あきらかにRIAAよりも良い。


Youtubeはアンセルメのリハーサル

| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

ミュンヒンガーの四季

今週早くも金曜日。

連休の二日間を無駄にしてしまった風邪は未だ本復せず。


火曜日は出勤したものの早退して翌日になっても快癒せず結局水曜は1日休むことに。

その日の職場絡みの新年会も欠席。

木曜日はさすがに仕事を休むことも出来ず翌日の重要な会議の下準備。
なんとか気力で一日持たせて定時退社。

極寒強風下で、オフィスから契約駐車場までの帰りの道のりがいつもに増して遠い。
そのうち寒さで耳が痛くなってきた。



そんなわけで昨日のオケの練習も休ませていただいた。


本日快晴、最低気温1度、近隣市町の最低気温がマイナスを記録したことを思えば沼津は暖かだ。

今日の会議では案件の説明、質疑応答はほとんど一人で対応。
後半には喉が猛烈に渇いて脱水状態。
だが気力が張っていた為か鼻水も咳も止まってしまった。

I_ext2

帰宅して夕食は家内と隣町の清水町にある「ガウディ」で夕食。

ここは自分たちが結婚する前からこの地にある老舗の地中海料理の店。

正確には昼間は「カフェ・ガウディ」夜になると店名は「スペインバル イ・コルネ」。

久しぶりに入ってみたら店内の様子は30年前とほとんど変わっていないものの、メニューはスペイン料理に特化してより洗練された雰囲気だった。


Sdsc08376

音楽はミュンヒンガーの指揮でビバルディの四季。

手持ちはリサイクルショップの108円ジャンク棚からの救出もの。
LB13という番号の国内盤LPで1955年頃の発売らしい。

1953年の録音。
ヴァイオリンソロは名手バルヒェット。

これはミュンヒンガーの3つある四季の録音中最初のもの。

「四季」の魅力を世界に知らしめた記念碑的な録音とされる。


この演奏の直後にイ・ムジチのモノラル録音の四季が出た。

以後イムジチとミュンヒンガーは競うように四季の録音を重ねていく。

「春」の冒頭からのゴリゴリッとした響きは、直後に出たイムジチのモノラル録音の柔らかな甘さとは対極にあるもの。

モダン楽器の演奏としては、イムジチやパイヤールとは全く異なるスタイル。

最初違和感があったものの、聴いているうちに演奏自体が持つ熱いほどの演奏者の思いがストレートに伝わってきて引き込まれてしまった。

この録音当時、ミュンヒンガー以下シュトウットガルト室内管のメンバーは皆30代。

創設間もないオケのフレッシュにしてやる気十分の気合いが何とも気持ちが良い。

バルヒェットのソロも艶やかにして気品もあり素晴らしい。



通奏低音部分で独特のリアライゼーションで聴かせる「秋」が最も良い。


Sdsc08378

手持ちには62年と72年の再録音もあるが、回を重ねる毎につまらなくなっているのは、
ミュンヒンガーの指揮者としての限界かもしれない。


古い音楽雑誌の50年代から60年代までの記事では、ミュンヒンガーの評価は絶対的な絶賛ばかり。

今やミュンヒンガーはすっかり過去の人になってしまったけれども、
最初の「四季」は現在でも充分に存在価値を誇れるもの。

イコライザーはFFrrのカーヴの指定となっていて、モノラルながらイコライザーを合わせると音は驚異的に良い。

youtubeはランパル、ミュンヒンガーのブランデンブルク協奏曲第4番

| | コメント (0)

2018年1月 9日 (火)

メナム・プレスラーのグリーグ

昨日の雨は上がり連休明けの火曜日は曇り空。

かなり暖かな朝。午後から強風。


土曜日のオケの練習から悪化した風邪は日曜になって本格的に。

絶好の行楽日和だった日曜と雨の成人の日の二日間は家で臥せっていた。

二日寝込むほどの風邪はここ数年なかったこと。
それだけ体力が落ちているということだろうか。


そして本日通常出勤。季節外れの暖かさが有難い。

出勤したもののどうも全身に力が入らない。
五十肩の痛みも煩わしい。

明日は部門の長を集めた新年会があり今週後半にはひとつの山場。

急を要する案件もないようなので決裁書類に目を通し早退。

定例的に通院しているクリニックに行き診察をお願いした。


昼前に行くと駐車場は満車。

嫌な予感は的中して中の待合には人で一杯だった。
折しもインフルエンザが流行中、こちらは普通の風邪なので逆にうつされるのではないかと心配になった。

2時間半ほど待たされて診察は5分足らず。

診察結果はただの風邪。

娘が数年前に処方されたのと同じ薬を受け取りそのまま帰宅。



こんな状態なのでまともに音楽を聴いていない。


日曜の夜に放送されたクラシック音楽館を録画していた。

番組のメインはN響定期のプロコフィエフのオラトリオ「イワン雷帝」
めったに聴かれぬオラトリオ版なので興味はあったものの、 こんな状態では大曲は聴く気になれぬ。

飛ばしながら後半のミニ番組コンサートプラスは何かと視ていたら、
昨年来日した94歳のピアニスト、メナム・プレスラーのドキュメントだった。

Sdsc08394
内容は来日時のマスタークラスとインタビュー。

そしてコンサートの模様を少し。

コンサートで演奏されたドビュッシーの「月の光」、「夢」、ショパンの「ノクターン」の神のごとき演奏に風邪のことを忘れて聴き入った。


Sdsc08395

ちょっと元気をいただいたので、音楽部屋に行きプレスラーの弾くグリーグを聴いてみた。


R537325713917844222647jpeg

手持ちのLPはスイス・コンサートホールソサエティ盤。
伴奏はオーベルソン指揮のウィーン祝祭管。
おそらく1960年代の録音でプレスラー壮年期の演奏。

がっしりと鋼鉄のようなタッチの中に柔らかで純な叙情味にもあふれた名演だった。

テレビでみた演奏と芸風自体は変わっていない。


R537325713917844341683jpeg

これほどの名演なのに一般の流通にのらないレーベルの発売であったことと、幾分固めの録音が災いして話題になることはなかった。

世評高い名盤の中に、この演奏を越える感銘を与える演奏がいくつあるだろうか。

冷え切っていた部屋で聴いていたらまた寒気がしてきた。

Youtubeはプレスラーの弾くショパン、感動的な演奏です。

| | コメント (0)

2018年1月 5日 (金)

グランジャニーのハープのことなど

曇り時々雨。

朝出勤時に車を走らせるとフロントガラスに霧のような雨滴。
山間部は雪のようだ。

正月ボケもなく仕事は年の初めからフル稼働。

今年はちゃんと音楽を聴き初めたのは伊東温泉から帰った3日から。

久しぶりにメインシステムにスィッチを入れると、パワーアンプの電源が途中で落ちた。
モノラル専用に使っているVictorのアナログプレーヤーも電源が入らない。

これは正月から縁起が悪い。

どうやらシステム全体の電源部分に問題がありそうだ。

部屋が暖まると音が安定してきた。


今年はドビュッシー生誕150年の記念の年。

ということで最初に聴いたのはドビュッシー。

ハープと弦楽オーケストラの曲で、「神聖なる舞曲と世俗的な舞曲」


Sdsc08374_1

演奏はフランス生まれで主にアメリカで活動をしたマルセル・グランジャニーにフェリックス・スラトキン率いるコンサートアーツ合奏団によるもの。

オケはハリウッドの腕利きを集めた臨時編成オケと推察。
アメリカのペーパーバックレーベルから出ていたLPで1960年前後の録音。
手持ちはモノラル盤だがステレオ盤もあるようだ。
原盤はCapitol。

カップリングはスラトキンがメンバーの一人だったハリウッドカルテットにフルートの
アーサー・グレッグホーン、クラリネットのヒューゴ・ライモンディも加わったラヴェルの「序奏とアレグロ」に、グランジャニーとロジェ・デュカスによるハープの独奏曲。


1;序奏とアレグロ       (ラヴェル)
2;神聖なる舞曲と世俗的な舞曲 (ドビュッシー)
3;組曲「子どもの時間」    (グランジャニー)
4;舟歌            (ロジェ・デュカス)
5;ラプソディー        (グランジャニー)

ハープ;   マルセル・グランジャニー
2, ハリウッド弦楽四重奏団  
   フルート;アーサー・グレッグホーン
   クラリネット;ヒューゴ・ライモンディ
3,フェリックス・スラトキン指揮コンサートアーツ合奏団

フルートのグレッグホーンはビーチャム時代のロンドンフィルを経て、フィルハーモニア管、ロンドン響の首席奏者だった名手。
40年代末にアメリカに渡りハリウッドのスタジオミュージシャンとして活動。

クラリネットのライモンディとともにロバート・クラフト指揮のウェーベルン全集やシェーンベルク全集などのコロンビアレーベルへの録音の多くに名を連ねている。

ブルーノ・ワルターが晩年に残したコロンビア交響楽団との一連の録音にも加わっていたかもしれない。

爽やかな涼風が吹き抜けるような美しくも清々しい演奏。
奏者一人一人が唖然とするほどうまい。

気品と格調の高さを感じさせるグランジャニーのハープも非常に良い。

独奏曲ではロジェ・デュカスの小品が傑出。

イコライザーはコロンビアカーヴが自然な音。
Youtubeはドビュッシーの神聖なる舞曲と世俗的な舞曲

| | コメント (0)

2017年12月30日 (土)

ヘンデルのオラトリオ「アタリア」

晦日は風もなく良く晴れた。

家の掃除、お稲荷さんと神棚のしめ縄を付け替えに正月飾りなど。

いつもの暮れのメニューを淡々とこなしながらの一日。

3時過ぎに車のガソリンを入れながら久しぶりに牛臥山公園に行ってみた。

Sdsc08302

無風状態で海は凪ぎ、サーファーたちの姿は見えず公園も散歩の人たちが数人程度。

西の大瀬岬付近、飛行機雲が交差した上に日が傾き始めている。
飛行機雲が天を翔る白龍のようにも見えた。


Sdsc08300

まだ明るい東の空の徳倉山の上には月が昇っている。


音楽はヘンデルのオラトリオ「アタリア」。

ヘンデルの3作目のオラトリオにして「メサイア」と同じく英語の歌詞で歌われる。
ユダヤの女王「アタリア」を主題にした旧約聖書を題材にした物語。

ヘンデルならではの格調の高さの中に大衆性を兼ね備えた音楽。




性格の異なる3人のソプラノを起用するというかなりマニアックな構成で、それぞれのアリアの掛け合いの妙がわかると非常に面白い。


だが対訳がないので、その面白さがなかなか理解できなかった。



最初聞いた時には、音楽は素晴らしいけれど「メサイア」に比べると盛り上がりに欠けるという印象。

何となく気になって昨日再聴。


音楽の1曲1曲は素晴らしい。



メサイアの名作アリアに匹敵するほどの名曲は数多くあれど、ソプラノ中心の進行に平板さを感じるのも事実。

これはテキストに問題があるのかもしれない。




聴いたのはNAXOSから出ているCD2枚組。

フランクフルトバロックオーケストラそのほかドイツの演奏家たち。

Sdsc08313

Barbara Schlick (ソプラノ)
Elisabeth Scholl (ソプラノ)
Friederike Holzhausen (ソプラノ)
Annette Reinhold (コントラルト)
Markus Brutscher (テノール)
Stephan MacLeod (バス)

Junge Kantorei
Frankfurt Baroque Orchestra
Joachim Carlos Martini (指揮)


演奏は非常に良い。


モダン楽器を使用しているようだが奏法は古楽器のスタイル。

リコーダーやテオルボの古雅な響きとトランペットの勇壮なファンファーレが好対照。

3人のソプラノの高水準で平準化しているのが良い。


ライヴとのことだが聴衆ノイズはほとんど聞こえない。



今年もあと1日を残すばかりとなりました。


Yoiutubeは「アタリア」から

| | コメント (0)

2017年12月26日 (火)

マギル大学のクリスマス

今日も晴れ。
爆弾低気圧の影響で寒風吹きすさぶ一日。寒かった。

今年最後の1週間。仕事上は来年の見通しがほぼついてまずはめでたし。

年末年始気分は年毎に薄れている。

Sdsc04023

自分が子供の頃、家の年末恒例行事だった餅つき。

昨年切ってしまった庭の大楠の横に竃を据えて、近所の人たちや近くの親戚が集まり 杵で搗いた餅搗きの賑やかな雰囲気を思い出したりしていた。

時代が変わり少子高齢化、代替わりもしてそのような古くからの行事をすることもなくなって久しい。

せめて家の照明を新しいものに変えたり大掃除を計画的にやることにしよう。


昨日は家内が忘年会で泊まりなので、母と娘を連れて沼津港の魚河岸寿司で夕食。

P021404987_480


いつも忘れるポイントカードを珍しく持参したら期限が過ぎていた。





帰宅後聴いたのは、カナダの名門校マギル大学が作製したクリスマス音楽集のCD。

カナダ、ケベック州にあるマギル大学は、数多くのノーベル賞受賞者や首相経験者を輩出しているカナダの最高学府。


音楽院も併設しLP時代から自主レーベルをで多くのLPやCDを世に出している。

このCDもそのひとつ。



Sdsc08256

–Chamber Singers* Motets For Choir And Brass
Composed By – Giovanni Gabrieli
Conductor – Iwan Edwards
Music Director – Dennis Miller*
1 – Jubilate Deo 4:05
2 – O Magnum Mysterium 3:28

–Sinfonietta* "Christmas Concerto", Op. 6, No. 8
Composed By – Arcangelo Corelli
Conductor – Marcel St. Cyr
–Concert Choir* Six Noëls Anciens
Arranged By – Donald Patriquin
Conductor – Iwan Edwards
–Face Treble Choir* Three Carols For Treble Voices, Harp & Flutes
Arranged By – Donald Patriquin
Conductor – Iwan Edwards

–Nuova Cappella*, Ensemble Arion*, Michel Donat 
Carols Old & New
Conductor – Donald Patriquin
Arranged By – Patriquin*

–Chamber Winds* Directed By Ted Griffith
Overture To Christmas
Conductor – Pierre Béluse

マギル大学で教鞭をとるウエールズ出身の合唱指揮者イワン・エドワーズの指揮で ガブリエリの教会音楽やノエルやキャロル集、そしてクリスマスで歌われるゴスペル風の聖歌まで多種多様な音楽を集めたもの。


演奏は合唱やブラスアンサンブル。


特に団体名の記載はないが解説書には出演メンバー全員の名が載っている。



おそらくマギル大学音楽院の学生や関係者と推測。


金管奏者の何人かはマギル大学卒で現在モントリオール交響楽団の団員だ。



演奏はきっちり端正、曲の美しさを必要充分に聴かせるプロの集団のお仕事。


中でもフルート2本とハープという絶妙な組み合わせの伴奏で聴かせる女声合唱による 3つのキャロルが美しい。

Youtubeはアンダーソンのそりすべり

| | コメント (0)

2017年12月24日 (日)

クリスマスの夜に「ハイドンの舞曲集」

晴れのち曇り、夜から雨。

クリスマスイヴの日曜日。


朝の散歩では、愛犬ポコが拾ったペットボトルを咥えて離さず、取り上げようとしたら、
にらまれたりしていた。

S25660014_1547812532004795_38109206



今日は年賀状を書こうかと思っていてもなんとなくその気になれず。


午後から馴染みの車の整備工場に家内の車を持って行ったついでに、家内と駅周辺で買い物したりして帰宅。




Sdsc08254


夜は娘が買ってきたクリスマスケーキでささやかなクリスマスイヴ。



音楽は、買い物の車内で山下達郎の「クリスマス・イヴ」を聴いていたりしたものの、昨日ノートルダムのクリスマスを聴いたので、今日はハイドンの軽い舞曲。

Sdsc08218


ウィーンベラムジカ合奏団によるハルモニアムンディのフランス版LP。



2ヶ月前にハードオフのジャンクコーナーで発見してほとんど衝動買い。



手に取った時、一瞬このジャケットは見たことがあるような気がしたのだが、108円という値段に背中を押されて買ってしまった。



だがやはり90年代初頭に同じものを買っていた。


しかもこのブログに記事まで残っている。


演奏はウィーンベラムジカ合奏団。



ハンガリーの民族楽器のチンバロンが加わっていたりと、
酒場や民衆の集まる祭りの場で演奏されたであろう民族音楽的な野趣たっぷりの音楽。




演奏が余りにも巧みで、しかも録音が優秀なのでスルスルと入ってくるけれど

なんとなく他のハイドンの作品に比べて違和感があるのも事実。



ハイドンが作曲したダンス音楽はその数百曲を優に越えているものの、

偽作や、ハイドン自身が作曲を依頼されながら弟子たちに丸投げしたものもあるのだという。




そういえば自分が小学生の頃の音楽の教科書には、ハイドンの代表作として「おもちゃの交響曲」が載っていた。



この曲の作曲者はハイドンの弟ミヒャエル・ハイドン、レオポルド・モーツァルトなどの
さまざまな説を得て、今ではスイスの作曲家エドゥアルド・アンゲラーの作であることが最有力ということになっている。


少なくともハイドン説はかなり早い時期に消えていたはずで、
思えばなんとも杜撰な教科書だった。



今でもハイドンといえば「おもちゃの交響曲」の紹介ページが頭に浮かぶほどの刷り込みになってしまっている。



YoutubeはJR東日本のCMから、1989年バブル華やかりし時代のクリスマスイヴ

| | コメント (0)

2017年12月23日 (土)

パリ、ノートルダムのクリスマス音楽

今日も晴れ。今年は天皇誕生日が土曜と重なった。
晴れの日が続き空気は乾燥気味。

身の回りに風邪やインフルエンザが流行りはじめた。




昨年の今日は入院していた。そしてクリスマスイヴに退院。

入院中の規則正しい食生活が功を奏して10キロ近くの減量に成功。


退院して生活のリズムは戻ってしまったけれども、

体重と体型がほぼ維持できているのが自分でも不思議。

Sdsc08251


興津の叔父から蜜柑が届いた。

今年の我が家の蜜柑は不作。
春に派手に剪定したのが失敗だったかもしれない。
と思っていたら全国的に不作とのこと。

秋の長雨と台風の影響のようだ。




今日は「パリ・ノートルダムのクリスマス音楽」

仏FYから出ていた外盤LP。

この演奏を初めて聴いたのは大学生の時、NHK-FMのクリスマス特集だった。

Sdsc08221


パリ、ノートルダム寺院の巨大な空間に響く、ピエール・コシュローの弾く大オルガンの即興演奏とそれに呼応する合唱団とブラスアンサンブルの壮大な響きに魂を奪われた。


アパートでの貧弱なラジカセのスピーカーからもその壮大な響きは充分に体感できた。


Sdsc08222

Sdsc08223


その後この音源を求めてもどうしても見つからず、ようやく入手したのはCDとして国内発売されたもの。


でもどこか違う。

箱庭のような音。

最近ようやくオリジナルLPを入手できた。

それがハードオフのジャンクLPの100円均一コーナーだった。



長岡鉄男の外盤級コレクションにも選ばれている名録音盤で 時には残響過剰とも思えるような音の洪水の中に、合唱、ブラス、オルガンがそれぞれの存在を主張しながらも混然と溶け合っている。


CDと比べると音の広がりと各楽器の存在感が全く異なる次元の違う音だ。


Youtubeは2016年、パリ・ノートルダム寺院のクリスマス

| | コメント (0)

より以前の記事一覧