カテゴリー「音盤視聴記録」の記事

2018年12月18日 (火)

Llarion lonescu-Galatiのサン・サーンス

晴れて暖かで過ごしやすい火曜日。

ほどよく雪を被った富士は気品のある美しい姿。

48368196_2875276772497746_657022714

今日は1日休みを取って市内の総合病院で脳ドックを含む人間ドック。

この頃劣化の自覚が著しい脳のメンテナンス。

心電図、エコー、血縁検査、視力、聴力エトセトラ。

脳のMRI検査の時はそのまま眠ってしまった。

結果は後日郵送とのこと。


帰りにハードオフに寄ってみたら驚きのお宝ザクザク。
この内容は後日。


ルーマニアの指揮者Llarion lonescu-Galatiのサン・サーンスの交響曲第3番を聴く。


Sdsc00061



なぜこのレコードを買ったのか記憶にない。

オケはルーマニアの国立ブラショフフィルハーモニー。

galatiは今でも健在でルーマニアの長老指揮者扱いのようだ。

ヴァイオリニストして名を上げ後に指揮者に転向。

パリ・エコールノルマルで指揮をミュンシュとデルヴォーに学んでいる。

来日したこともあるようで、ディスコグラフィーを見ると東京交響楽団を振ったチャイコフスキーの交響曲第5番、ドヴォルジャークの交響曲第7番なんかもある。

サントリーホールと東京文化会館の録音で1988年と1990年のリリース。

いずれも日本国内で発売された形跡はなくルーマニアのエレクトレコードから出ている。


来日時のライヴかもしれない。


他にはボベスコとのサン・サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番がめぼしいところ。


このサン・サーンスの交響曲録音は1981年のリリース。

だがステレオ標記にもかかわらずどう聞いてもモノラル、しかもかなりレンジが狭い。

イコライザーをいくらいじってもぴたりとするものがなく、比較的ましなNABで聴いてみた。


悪名高きチャウチェスク政権下の演奏、この当時のブラショフフィルのレベルはかなり低い。


ミュンシュとデルヴォーに師事した割にはさえない演奏だ。

ただし使用オルガンは名器のようだ。

深く渋めの音色はなかなか良い。


Youtubeはバレンボイム指揮のサン・サーンス、交響曲第3番

| | コメント (0)

2018年12月17日 (月)

フリッツ・ヴェルナーの「マタイ受難曲」

この月曜日も朝から雨。

未明から振り出した雨は昼頃にようやく上がった。

午後からは雲の垂れ込めた灰色の日曜日から一転しての青空。


昨日からフリッツ・ヴェルナー指揮の「マタイ受難曲」を聴いている。

エラート原盤のワーナーミュージックから出ていたセットものCD。



914acnhhgbl_ac_ul320_sr312320_


ヘルムート・クレプス(福音史家、Ten)

フランツ・ケルヒ(イエス、B)
アグネス・ギーベル(S)
レナーテ・ギュンター(A)
ヘルマン・ヴェルダーマン(B)

マリー・クレール・アラン(オルガン)
ピエール・ピエルロ(オーボエ)
マクサン・ラリュー、ジャン・ピエール・ランパル(フルート)

フリッツ・ヴェルナー指揮 

プフォルツハイム室内管弦楽団
ハイルブロン・ハインリヒ・シュッツ合唱団
ハイルブロン・ロベルト・マイヤー少年合唱団

録音: 1958年10月、ヴァインスベルク、プロテスタント教会


他にヨハネ受難曲、クリスマスオラトリオ、ロ短調ミサを収録したCD10枚組



ヴェルナーのバッハは80年代に千円の廉価盤LPが沢山出ていた。



その頃、バッハの宗教曲はリヒターが定番のようになっていて、

なんとなくヴェルナーは興味の対象外になっていた。

ところが偶然聴いたヴェルナーの「ロ短調ミサ」の、温かく大きな包容力を感じさせる演奏に魅了され、ワーナーから出たカンタータを含むセット物CDを購入。




60曲あまりのカンタータを通勤途中の車中で聴き終わり、今はマタイとヨハネの二つの受難曲を聴き始めている。



合唱やオケの精度にはおおらかな部分はあるけれども、ヴェルナーの指揮の下に演奏者たちが渾然一体となって大バッハの宇宙を無心に創り上げているのが感動的だ。



歌手は手堅い人々、器楽にはオルガンのアラン、ヴァイオリンのバルヒェットのほか フルートのランパルにラリュー、オーボエのピエルロにシャンボンなどフランス系の大物奏者がずらりと並ぶのが鳥肌もの。


ヴェルナーは第二次世界大戦中のナチスドイツ占領下のパリでラジオ・パリのディレクターを務め、その時に前途ある多くのフランス人の音楽家たちを擁護したという。


このヴェルナーが戦後になってバッハを録音するにあたり馳せ参じたフランスの音楽家達。



たまたまこの人達がエラートに所属していたということも単なる偶然ではあるまい。



この録音の第二部のアリア「憐れみたまえ、わが神よ」のアルトソロとバルヒェットのヴァイオリンには何度聴いても泣けてくる。



この名演を音楽的にして見事に捉えたのは名エンジニア、アンドレ・シャルラン。


youtubeはヴェルナーの「マタイ受難曲」

| | コメント (0)

2018年12月15日 (土)

ウィックスのシベリウス

今日も曇り空。

土曜休み、インフルエンザの予防接種に出遅れていつもの医院はワクチン切れ。
自分の心当たりは全てだめだった。


今日家内が予防接種可能な医院を探し出してきた。

行ってみると診療所のようなアパートの一角の医院だった。



今日はウィックスのシベリウス。

ヴァイオリン協奏曲を聴いてみた。


手持ちはキングレコードが出していたおそらく国内盤初出LP。

オリジナルは米キャピトル

オリジナルは凄い値段となっている。

Sdsc00080



ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47

 カミラ・ウィックス(Vn)
 ストックホルム放送交響楽団
 シクステン・エールリング(指揮)

 1952年録音


酸性紙のジャケットのために縁が黄ばんでボロボロ。



10年ほど前に東京中野の中古レコード屋で状態の悪さから格安で入手したもの。


聴いてみるとRIAAでは音がこもっていて、この名高い演奏の良さが全く伝わってこない。


ffrrでは高音がきつい。



AESが辛うじて良いがぴったりとした感触でもない。


これはキャピトル独自のカーヴなのだろうか。



演奏はキリリと引き締まった小股の切れ上がった名演。


伴奏のエールリンクの指揮も非常に良い。



Youtubeはヒラリー・ハーンの弾くシベリウス、ヴァイオリン協奏曲

| | コメント (3)

2018年12月12日 (水)

コープランドの交響曲第3番、ドラティの指揮

昨日午後からの冷たい雨は今日も続く。
この冬初めてコートを着て出勤。


Sdsc07480

2年ほど前に古い開かずの箪笥を処分したときに出てきた「とんび」をこの冬に使ってみようかと思う今日この頃。

襟が絶滅したニホンカワウソの毛皮でできていて暖かそうだ。


手持ちのLPで、かつて音が悪い印象があった古い録音のものをイコライザーカーヴを変えながらいろいろと聴いている。

結果が面白く毎日が愉しい。


今日はコープランドの交響曲第3番。

この曲は終楽章冒頭にコープランドの作品として最も有名な「市民のためのファンファーレ」が登場することで知られる。



終楽章がそのままファンファーレの変奏曲。


Sdsc00083


演奏はアンタル・ドラティ指揮のミネアポリス交響楽団。
米MercuryのLP。

これはAESがぴったりはまった。

モノラルとはいえ非常に鮮明な録音。

各楽器の奥行きも明瞭、ステージ上に並ぶオーケストラの姿もはっきり認識できる。

打楽器の艶のある音、中でも大太鼓の重低音が実体を伴って迫ってくるのが素晴らしい。

ドラティの指揮も冴えたリズム感とシャープな響きのゴキゲンな演奏だ。



もひとつ有名なクレメンス・クラウスのウィンナワルツ集。


Sdsc00081

ロンドンレーベルの国内盤初期LP。

レコードジャケットにはffrrで再生するように、カーヴを示した図まで添付されている。

お約束のとおりffrrで再生。


ウィーン、ムジークフェラインザールに響くウィーンフィルの美しい響きと豊かな残響。

「ウィーンの森の物語」ではツィター奏者の微妙な呼吸感と間もしっかり伝わって来る。

余りの美しさに体が溶けそうだ。



Youtubeはコープランドの交響曲第3番フィナーレ冒頭、ティルソン・トーマスの指揮

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

トレチャコフ美術館 ロマンティック ロシア展

曇り、今日は今年一番の寒さ。


甥の住む京都は初雪が降ったとのこと。


先日行ったBunkamura30周年記念「国立トレチャコフ美術館 ロマンティック ロシア展」のことなど。


Sdsc00079_2



19世紀後半、帝政ロシア時代末期の画家たちの傑作が集まった。

クラムスコイの「忘れえぬ女」も来ている。



119508707466716215807


見ると女性の瞳にはうっすらと涙。
あまりの美しさに絵の前でぼーっとなってしまった。


「月明かりの夜」の幻想的な世界はとてもこの世のものとは思えないほど。

Sdsc00084_2




ほかにシーシキンら四季折々のロシアの風景。

シーシキンの「雨の樫林」には、そのまま森の中に自然に足を踏み入れていくような感覚に襲われる。



Herorussia201803


アル中姿のムソルグスキーの肖像画で有名なレーピンではアントン・ルービンシュタインやシャリアピンら歴史的な音楽家たちの肖像画。

同じ日に見た17世紀バロック期のルーベンスらの作品の、どこか手の届かぬ遠い世界の出来事とは異なる身近に感じる世界の数々。



今日はロシアの美貌ピアニスト、リューボフ・チモフェーエヴァがメロディアレーベル残したハイドンのピアノソナタ全集から。

手持ちは日本ビクターが出していたLP11枚組。



Sdsc09908


1977年から1981年にかけてのチモフェーエヴァ20代後半の時期の録音。

このころのハイドンのピアノソナタ全集の存在は貴重だった。

その中の最初期の作品を聴いてみた。


1曲1曲丁寧に弾いていて、さりとて学究的な窮屈さもなく落ち着いて聴ける演奏なのが良い。

ランドンの全集に基づくウィーン原典版を使用。
第1番から順番に収録。

大宮真琴氏の詳細な解説も読み応えのあるもの。


イコライザーカーヴはNABで聴いてみた。
Ffrrも粒立ちがはっきりしていてどちらかは難しいところ。

youtubeはチモフェーエワの弾くラフマニノフ

| | コメント (0)

2018年12月 7日 (金)

ルーベンス展、そしてフランクのピアノ協奏曲第2番のことなど

晴れ時々曇り。

今週は寒暖差の大きな一週間だった。


仕事上では今年最後の大きな山場を超えた感触。

昨日は所用で東京に行っていた。

東京は雨が降る寒い一日。

 

要件が早めに終わったので娘と待ち合わせた昼食の後に展覧会を二つ。
 
Sdsc00075
最初は上野の国立西洋美術館で「ルーベンス展―バロックの誕生」


17世紀ルーベンス工房の大作の数々やルーベンスが描く肖像画の数々。

そしてルーベンスの作品に大きな影響を与えた古代ローマの彫刻などの展示。



Sdsc00077




宗教的なものや神話を題材とした大作よりも、自画像や家族の肖像に強く惹かれた。

250pxrubens_selfportrait_1623

別会場の常設展は撮影可。


Sdsc00074




中庭の紅葉が散っていて良い風情だ。

Sdsc00071


もうひとつのトレチャコフ美術館展の感想は後日。



ルーベンス工房の所在地はベルギーのアントウェルペン。

今日はナクソスから出ているベルギーの作曲家フランクのピアノとオーケストラのための作品を集めたアルバムから。




51uhubdziwl_ss500



・交響的変奏曲
・交響詩「魔神」
・ピアノ協奏曲第2番*

ピアノ;フランソワ ジョエル・ティオリエ、
    マルティン・ファン・デン・フック*

 ロベルト・ベンツィ指揮
 アルンヘムフィルハーモニー管弦楽団

指揮者のベンツィは11歳で指揮デヴュー。
その後伸び悩んだ印象のある人。



このピアノ協奏曲第2番を聴く。



8553472_back




店頭でこのCDを初めて目にしたとき驚いた。
フランクにピアノ協奏曲があるとは知らなかった。

よくあるチャイコフスキーの交響曲第7番とかリストのピアノ協奏曲第3番、ベートーヴェンの交響曲第10番のようなキワモノかと思いきやさにあらず。


れっきとしたセザール・フランク13歳の時の作品だ。


ソナチネアルバムを聴くような初々しさの中に技巧的な盛り上がりを随所に散らばらせている曲。

若い頃のフランクがリストの影響をかなり受けているのが垣間見えて興味深い。


爽やかな第一楽章のメロディには純粋無垢な若者の清々しさが感じられ美しく、後のフランクの内省的な作品と比べると若き日のフランクの野心が見えてくるようで微笑ましい。



このピアノ協奏曲第2番は30分を超える堂々たる作品。

第2楽章のパストラール風の曲想がフランス音楽であることを認識させてくれる。
13歳でこれだけの曲を書いている。

やはり天才なのだろう。

youtubeはフランクのプレリュード、フーガと変奏曲

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

「スターウォーズ」組曲

曇のち午後から雨、夜は一時暴風雨。

気温は高く本日の最高気温は20度。

仕事上は今年最後の大きな山場が今月半ば過ぎまで続く。



沼響関連では土曜日のファミリーコンサートが今年の最後で、次回の練習からは来年6月の定演の曲の練習。


・組曲「マスクとベルガマスク」   ;フォーレ
・スペイン交響曲          ;ラロ
・交響曲第3番ハ長調「オルガン付き」 ;サン・サーンス

久しぶりのフランスものプログラムだ。



本日聴いたのは先日のファミリーコンサートの曲目から「スターウォーズ」組曲。

20151229ep_1

スターウォーズの第1作、エピソード4の初公開は今から40年前。
その時学生だった自分は公開時に映画館で見た。



それまでの映画とは次元の違ったスケールの大きさと音響世界に衝撃を受け、冒頭シーンの座席後方から轟音と共に巨大な宇宙船が頭上を通過していくシーンは今でもはっきりと覚えている。


今普通に使われている「フォース」と言う言葉が最初の公開時は字幕で「理力」と訳されていて、その違和感の記憶も鮮明だ。


今回演奏したのは

インペリアル・マーチ、王女レイアのテーマ、王室の間とエンドタイトル

の3曲。
インペリアル・マーチは第2作、エピソード5の「帝国の逆襲」から、
他の2曲は第1作エピソード4に含まれている。


スターウォーズの音楽には、サントラ盤は別としてジョン・ウイリアムズが編んだ組曲の録音がいくつかある。




まず聴いたのはメータ指揮ロサンゼルスフィルの演奏。




そもそもスターウォーズの音楽の組曲化はメータが1977年11月のハリウッドボウルの野外コンサートで演奏するためにジョン・ウイリアムズに依頼したもの。




Iimg1200x9001533160276fnfced22261


録音は1977年12月。

手持ちは1978年初出のキングレコード国内盤LP。


そのころ廉価盤しか買えない貧乏学生の自分が、映画の興奮冷めやらず奮発してレギュラー価格盤を買ってしまったのも懐かしい思い出だ。



久しぶりに聴いてみた。



チューバの世界的名手のロジャー・ボボが下を支える、濡れるように鳴り渡るブラスの響きにパンチの効いた打楽器群。



今聴いても大編成オケをフルドライヴした、まさにオーケストラ音楽の醍醐味を十二分に堪能させてくれる名演。


音源を聴く限りでは沼響の使用譜面の出版譜と同じもののようだ。

アナログの良さを満喫させてくれるレンジの優秀録音なのも嬉しい。


イコライザーカーヴはロンドンレーベルなのでffrrだと思って聴いてみたが、
ぴったり嵌まったのはcolumbiaカーヴ。


スピーカーの存在を忘れさせるほどの凄い音が鳴り響いた。



Youtubeはインペリアル・マーチ

| | コメント (2)

2018年11月29日 (木)

ルーカス=グラーフのシューベルト

曇り、夕方から強い雨。

週末はもう12月だというのに、今年は身の回りの紅葉がほとんど見られなかった。

どうやら9月の台風が齎した塩害が原因のようだ。
庭の紅葉も葉の先が枯れている。



Photo


夜は家内と待ち合わせ、沼津魚がし鮨で「特選5貫冬の大漁盛り」


ネタは新鮮だったけれども5貫ということで夜遅くにお腹が空いてきた。


今日もシューベルト。

ペーター・ルーカス=グラーフの吹く「しぼめる花の主題による序奏と変奏曲」

ピアノ伴奏は小林道夫のクラーヴェスから出ていたLP。




20170508_55fd61


・フルートソナタ変ロ長調    :ベートーヴェン
・しぼめる花の主題による序奏と変奏曲ホ短調 D.802   :シューベルト

ペーター・ルーカス=グラーフ(fl)
小林道夫(pf)


1974年グラーフ初来日時での立川市民会館での録音。

カップリングは今では偽作とされるベートーヴェンのフルートソナタ。

完璧な技巧で聴かせるしっとり渋いルーカス=グラーフのフルート。

厳しさの中に人間的な暖かさも感じさせるのが良い。

イコライザーカーヴはAEDだった。

ルーカス=グラーフの「しぼめる花・・・・」は再録音も出ている。

youtubeはルーカス=グラーフの吹くバッハ

| | コメント (0)

2018年11月28日 (水)

ヒュッシュの「冬の旅」をold78で聴く

晴れのち曇り、天気は西から下り坂。

2025年万博の大阪誘致決定に沸く大阪の様子をテレビで見て1970年の大阪万博を思う。

当時自分は小学生。

その時未来への希望に満ちた明るい日差しの中にいるような、ウキウキとした気分が日本全体を覆っていたように記憶している。

もう50年近く過去のこと。

万博会場ではタッチパネル式のブラウン管に驚き、アメリカ館で月の石を見て疲れて会場の路上の端に座りこんでいた時に、当時皇太子だった今上陛下御夫妻を乗せた黒塗りの車がすぐ目の前を通過していったことなどがつい最近の出来事のように鮮明に思い浮かぶ。


NHKのテレビ番組「70年代われらの世界」の冨田勲作曲のテーマ音楽、
「青い地球は誰のもの」が頭の中で鳴り始めた。


そして再び東京オリンピックを経ての大阪万博。

50年前と同じ流れとはいえ時代は変わり、国債残高が平成の30年間で5倍になってしまった日本。
世界の中の日本の立ち位置も変わっている。


現在のどうにもならない閉塞感から脱却しようとして、過去の成功体験に縋っているようにも思える。

2025年、その時自分は何をしているかな。



そんなことを思いながら今日はシューベルト。

ゲルハルト・ヒュッシュが歌う「冬の旅」を聴いた。



Sdsc09995



手持ちは国内盤CDと最近リサイクルショップで100円で見つけた日本ビクターの国内初期LP。


内容が暗く感じられて自分は「冬の旅」の熱心な聴き手ではない。

以前岡村喬生で聴いたときに、歌よりも伴奏者の高橋悠治の方が印象に残っているほど。


それでも聴く気になったのは、イコライザーカーヴの調整でこの名高い演奏がどのような変化するかとの興味のみ。


この演奏は1933年のSP録音、録音時のヒュッシュは32歳だった。

DENONのモノラル専用カートリッジDL102と、ムジカのフォノアンプのから old78カーヴで聴いてみた。


RIAAに比べ若々しく張りのあるヒュッシュの声とピアノの生々しい音にびっくり。

音に力の無いCDとは格段の差だ。

年齢相応の音で聞こえていて、この曲の新たな魅力を知った思い。

これから古い録音を聴く楽しみが増えた。

Youtubeは冨田勲作曲「青い地球は誰のもの」、当時の音源から

| | コメント (0)

2018年11月27日 (火)

マルグリスのサン・サーンス「死の舞踏」

晴れのち曇り、穏やかな日が続く11月最後の週。

風もなく、寒さは感じられない。

Sdsc09987
朝はポコの散歩。

Sdsc09991
家の近くでは沼津アルプストンネルの工事に付随して新しい道路が次々とできている。


近くの農家の方から「以前畑を深く掘り起こしたら葦の葉っぱがびっしり出てきて、魚を捕る石の錘がたくさん見つかった」
という話を聞いてからは近所で掘り起こしている現場を見に行くことにしている。


Sdsc09988


この地域の地名は「塩満」。

古墳時代頃までは入り江だったという。




今日も引き続きPIANO MASTERPIECESから。

ユラ・マルグリス(Jura Margulis)の演奏を聴いていた。


Sdsc00001


このピアニストは初めて聴く名前であまり期待していなかったのだが、
この中のモシュコフスキーの「火花」の鮮やかな演奏に吃驚。

サン・サーンスの「死の舞踏」ピアノ編はマルグリス自身の編曲らしい。

シューマンの「幻想小曲集」の自然な呼吸感もなかなか良い。





Sdsc09999


古い人かと思いきやネットで検索してみるとさにあらず。


1968年ロシア生まれ、祖父と父もピアニストでスクリャービンの流れを汲んでいるらしい。
アルゲリッチとも共演している。


これは掘り出し物のCD.

Youtubeはマルグリスの弾く「火花」

| | コメント (0)

より以前の記事一覧