カテゴリー「音盤視聴記録」の記事

2019年2月20日 (水)

佐野美術館「甦る名刀」展、そしてコリン・ディヴィスのシベリウス

昨日は二十四節気の「雨水」そのままに昼から雨。

今日は雨は上がり気温が上昇、最高気温22度。
雪を適度に被った富士は良い景色。

51895208_1560484914054489_360875136

いよいよ花粉症が始まり通勤途中の車中でクシャミ八連発。


先月観に行った三島の佐野美術館の主催「甦る名刀」展が非常に良かった。

Afbacfca

ここで展示替えがあったので月曜日に母の通院で休みを取った合間に観に行った。


美術館近くの池には真鴨が群れている。


Sdsc00354


今や刀剣ブームだそうで美術館には平日にもかかわらず入館者が多い。

特に若い女性の姿が目立っている。


いわゆる刀剣女子。



Sdsc00362




今回の展示は戦火や不慮の大火により被災した刀剣の特集。



紹介された刀剣が被ったのは本能寺の変、大坂夏の陣、日光東照宮の大火、明暦の大火、
関東大震災、秋葉山の大火など歴史的な大事件ばかり。


Sdsc00363

被災して焼けてしまった刀剣で、後に刀鍛冶によって復元を試みられたもの(再刃)を中心に展示。

名のある刀鍛冶によって再び命を吹き込まれた刀剣の数々。

Hpfuouyukimitsu
歴史的な事件をくぐり抜けてきた、まさに歴史の生き証人たち。


中では「本能寺の変」で焼き出された「名物 不動行光」、「大坂の陣」のあと大坂城の堀から発見され、後の明暦の大火で焼け出されてしまった重要文化財「名物 骨喰藤四郎」が歴史的な由来のみならず形の美しさで印象に残る。


1e921eb82c76c473b2def74c34a508fc


展示替えで新たに加わったものでは、桶狭間の戦いで討ち取られてしまった今川義元の佩刀。

俗に「義元左文字」。

信長が義元を討ち取ったことの金象嵌を入れた名物だ。

これが見たかった。


所有者が三好政長ー武田信虎ー今川義元ー織田信長ー豊臣秀吉ー豊臣秀頼ー徳川家康 、歴史上の錚々たる人達が手に取った名刀だ。

この歴史的な名刀が明暦の大火を被っていたことを初めて知った。


一番古い物は平泉の古井戸から発見された奥州藤原氏時代の刀子と、中尊寺の藤原4代の棺に安置されていた刀。
いずれも重要文化財。

これらは片面だけ磨き上げられ、赤錆びた現在の状態と対比できるようになっている。


刀剣は一度火が入ってしまうと反りが無くなったりして本来の姿には戻らぬらしい。

再刃された刀の多くは、良く見ると刃の境目部分がのっぺりとした平板なものになっている。

痛みが激しく復元ができずにそのまま展示されている名刀もあり、
焼けて変形した状態が痛々しい。

いずれも元は選りぬきの名刀だったものばかり。

歴史の無情を直に感じることができたひととき。





今日はコリン・デーヴィスのシベリウス。
ロンドン交響楽団との再録音で交響詩を集めたもの。

RCAの外盤CD。

51id1vhdyil_sx425_

・4つの伝説曲 作品22


・交響詩「ポヒョラの娘」 作品49


・交響詩「吟遊詩人」 作品64


  サー・コリン・デーヴィス 指揮
  ロンドン交響楽団


北欧の白夜に身を置くような錯覚に陥るほど、音の響きが純粋に結晶化していて美しい名演。

周辺が白っぽく感じられるような独特の音の世界。

中でも「吟遊詩人」が非常な名演でこの曲の魅力を初めて知ることができた。

そして交響詩「ポヒョラの娘」の緻密にして雄大な世界。



R103883614899427462191jpeg



この曲はアンソニー・コリンズ指揮ロンドン交響楽団で初めて接して以来、
シベリウスの交響詩中の一番のお気に入り。








Youtubeは交響詩「ポヒョラの娘」スウェーデンの学生オケ。

| | コメント (0)

2019年2月16日 (土)

アリス=紗良・オットのことなど

2月も半ばを過ぎた土曜日は暖かな朝。
富士山には笠雲らしき雲。

アリス=紗良・オットのことなど。

Uccg90807_gpy_extralarge_1


昨晩、ピアニストのアリス=紗良・オットが自身のホームページで多発性硬化症の発症を告げていた。



競泳の池江璃花子選手の白血病といい、若い才能になんとも酷な運命が待ち受けていたことかと、驚きと同時に悲しい。



多発性硬化症と言えば、自分の世代としてはチェリストのジャクリーヌ・デュプレのことが思い浮かぶ。

音楽を奪われた彼女の生涯を思う毎に心が痛む。


アリスは5年ほど前に隣町の富士市で実演を聴くことができた


Neoimp13264


この時、遠くの客席のほんの微かなノイズにも反応する彼女の超人的な耳の良さと鋭い感性に驚き、音楽が瑞々しくも生き生きと躍動していて、若き才能の出演に嬉しくなった。


今日は録画してあった昨年11月のN響定期でのラヴェルのト調のピアノ協奏曲を見ていた。

230027052


実演で聴いた時その頃よりも数段スケールアップされ洗練された演奏。




これから益々成長が期待されるピアニストだったのに天は彼女に酷な運命を与えてしまった。



医学の進歩を信じて早くの回復を心から祈ります。


youtubeはアリス=紗良・オットのラヴェル、ピアノ協奏曲

| | コメント (0)

2019年2月13日 (水)

シェルヘンのバッハ、ロ短調ミサ

最近、近所の猫がアクティヴ。

出勤間際に視線を感じたので見上げると近くの木の上に2匹の猫。


じっとこちらを見ていた。

Sdsc00442


春遠からじ。


ヘルマン・シェルヘンの指揮でバッハのロ短調ミサ。

手持ちはウエストミンスター原盤の日本コロンビア国内盤LP2枚組。


ハードオフのジャンク100円均一コーナーで見つけたもの。


ジャケットは古く黄ばんでいたけれども盤面はきれいだった。


シェルヘンとしては再録音で1959年録音のステレオ。


Sdsc00447


・ミサ曲ロ短調 BWV232

 ピエレット・アラリー(ソプラノ)
 ナン・メリマン(コントラルト)
 レオポルド・シモノー(テノール)
 グスタフ・ナイトリンガー(バス)
 
 ヘルマン・シェルヘン(指揮)
 ウィーン国立歌劇場管弦楽団
 ウィーン・アカデミー合唱団
 
    録音時期:1959年4-6月


ワナウゼクのフルート協奏曲と同じ時期の録音でこちらもウイーンの音楽家達。


遅いテンポの雄大なバッハ、それでいて音楽が弛緩していないのが凄い。

ボスコフスキーのヴァイオリンソロも美しい。


イコライザーカーヴは最初NABで聴いていたがffrrの方が聴きやすい。


Youtubeはバッハ・コレギウム・ジャパンのロ短調ミサ から終曲


| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

ワナウゼクのフルート

今日も曇天、朝の気温は10度。

ウィーンのフルート奏者ワナウゼクのフルートを聴く。

先日渋谷レコファンで420円の200円引きで購入。

米VOXのLPでモーツァルトのフルート協奏曲を2曲。



Love_grooves_jpimg454x4551490373693

・フルート協奏曲第1番ト長調 K.313(285c)
・フルート協奏曲第2番ニ長調 K. 314(285d)

  カミロ・ワナウゼク (フルート)

  ハンス・スワロフスキー指揮
  ウィーン・プロ・ムジカ室内管弦楽団

伴奏はアバドやメータの師として知られるハンス・スワロフスキー指揮のウィーン・プロムジカ室内管弦楽団。


50年代にアメリカに乱立したマイナーレーベルが、当時ギャラが安かったウィーンの一流奏者達を起用しての一連の録音。


この時VOXはホーレンシュタインやクレンペラーらを起用して、かなりの数の録音を残している。

ワナウゼクは当時のウィーン交響楽団の首席。

名手として知られ木製のフルートで吹いている。

1957年のベルリンフィルの初来日ではカラヤンと同行している。


しっとり渋い音色で深い余韻を保ったまま流れていくモーツァルト。


ランパルのような華やかでギャラントなフルートも良いけれど、このように落ち着いた演奏も良いものだ。


伴奏の弦楽器に自然に溶け込むフルートの響きがなんとも心地よい。



イコライザーカーヴはNABがぴったりはまった。



モノラルながらそれぞれの楽器とホールの美しい響きもしっかり聴き取れる。


ジャケット裏面をよく見ると済みに小さくNAB推奨としっかり書いてあった。

Youtubeはワナウゼクの吹くモーツァルト

| | コメント (2)

2019年2月 5日 (火)

ラローチャのアルベニスのことなど

昨日は立春。
最高気温が20度を超えた4月並みの一日だった。


今日は一転冷えて薄曇り。


本日午後から外部委員を交えた長時間の会議。




ラローチャの弾くスペインの作曲家たちのピアノ曲集を聴く。



自身も優れたピアニストだったイザーク・アルベニス、グラナドス、ファリァの19世紀スペインを代表する作曲家たちの作品に、17世紀のマティアス・アルベニスと19世紀の作曲家トゥリーナの作品を集めたもの。


旧ロンドンレーベルの国内盤CD。


230037846


Iアルベニス:


・入江のざわめき(組曲『旅の思い出』作品71-第6曲)

・パバーナ・カプリーチョ 作品12
・プエルタ・デ・ティエラ(組曲『旅の思い出』作品71-第5曲)
・マラゲーニャ(組曲『スペイン』作品165-第3曲)
・タンゴ(組曲『スペイン』作品165-第2曲)
・セビーリャ(『スペイン組曲』作品47-第3曲)
・アストゥーリアス(『スペインの歌』作品232-第1曲)
・セギディーリャ(『スペインの歌』作品232-第5曲)


M.アルベニス:

・ソナタ ニ長調


グラナドス:

・オリエンタル(スペイン舞曲集 作品37-第2曲)
・アンダルーサ(スペイン舞曲集 作品37-第3曲)


トゥリーナ:

・サクロ・モンテ(5つのジプシー舞曲 作品55-第5曲)
・サパテアード(3つのアンダルシア舞曲 作品8-第3曲)


ファリャ:

・組曲『恋は魔術師』

 アリシア・デ・ラローチャ(ピアノ)


ラローチャは実演を聴くことができた。


デ・ブルゴス指揮スペイン国立管弦楽団の来日公演で場所はサントリーホール。

「春の祭典」をメインとしたプログラムで、ラローチャはベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を弾いた。


夕飯の買い物をしている風の普通のおばちゃんがステージにさりげなく現れた様子。

そして、ピアノを弾き始めたときの柔らかでふわりとしていて、それでいて艶があり力強さにも不足しないタッチは今でも覚えている。




このCDでラローチャは5人のスペインの作曲家の個性を見事に弾き分けている。



イザーク・アルベニスでは、生来の遊び人だったアルベニスのちょっぴり崩したいなせな艶っぽさ。


グラナドスでは民族色の中に潜むドスの効いた黒光りのするような力強さを。


そして最後のファリァでの洗練された軽快さ。

このように比べると、ファリァの音楽がアルベニスとグラナドスよりも一歩上の階層の芸術性を保っていて、名声がスペイン国内に留まらずに時代と地域を越えた普遍性を獲得しているのもよく判る。



そしてマティアス・アルベニスのアルカイックな雰囲気と大衆的なトゥリーナ。


ラローチャが亡き今、スペインのピアノ曲をこのように弾けるピアニストはいない。


グラナドスやビニェス以来のスペインのピアノ演奏の伝統が絶えてしまった。



Youtubeはラローチャの弾くアルベニス「アストリアス」

| | コメント (0)

2019年2月 3日 (日)

イゴール・オジムのヴィヴァルディ

2月最初の日曜も快晴、自宅近くから見える富士山も大きく見える。
夕刻からまとまった雨。


Sdsc00378


今日は節分。

豆を買っていない気がしたので夕方灯油を購入するついでにスーパーで豆を二袋購入。

総菜売り場では「恵方巻き」が沢山並んでいた。

今年も沢山売れ残るのだろうな・・・・

恵方巻きの習慣は自分の住む地方には馴染みのないことなので、どうしても見る目が冷やかになってしまう。



家に帰ると家内が豆を買ってありダブリ買い。


598708_332789133507147_1932514672_n


6年前の2月3日には熊本城の節分祭に行っていた。


復元成ったばかりの本丸御殿からの豆まき。
そして熊本地震前の熊本城の雄姿。


550064_332789073507153_755564321_n


そのとき城内には紅梅が咲いていた。



602251_332789166840477_1868066410_n




今日はスロヴェニアのヴァイオリニスト、イゴール・オジムによるヴィヴァルディの協奏曲集。

 
通販で販路を広げていたコンサートホールソサエティの国内盤LP.


有名な「四季」を含むヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集「和声と創意の試み」作品8の10番から12番までの作品を集めたもの。



Sdsc00259_1



・協奏曲 第10番 変ロ長調 RV 362「狩り」
・協奏曲 第11番 ニ長調 RV 210
・協奏曲 第12番 ハ長調 RV 178 / RV 44
・オーボエ協奏曲ハ長調

  イゴール・オジム(ヴァイオリン)

  デヴィッド・ジョセフォヴィッツ指揮
  コレギウム・アカデミクム・ジュネーヴ合奏団


ここでは12番の異稿であるオーボエ協奏曲も収録。


オジムのヴァイオリンでは同じコンサートホールソサエティにブラームスのヴァイオリンとチェロのための協奏曲の録音があり、渋い響きとしっとりとした抒情味あふれる非常に良い演奏だった。



Sdsc00249



美しくもひとつひとつの音にしっかりとした芯があるオジムのソロ。



コンサートホールソサエティの国内盤LPは音が硬くやせ気味のイメージがあったけれども、AESカーヴで聴くと今までとは全く別の音が鳴っている。



コンサートホールソサエティの盤は、音が悪いとの評価が定着している。


リサイクルショップなどではゴミ同然の扱いだけれども、ちゃんとイコライザーカーヴを合わせると良い音で聴くことが出来ることを発見。

演奏内容も宝の山だ。


シューリヒトやモントゥー晩年の一連の録音も聴き直してみよう。


Youtubeは「和声と創意の試み」第8番

| | コメント (0)

2019年2月 2日 (土)

ドホナーニのバルトーク、「中国の不思議な役人」

本日快晴、適度な湿度で爽やかな朝。



社会の環境が変わり音楽の好みも多様化してクラシックを聴く人も自分から楽器を演奏する人も減ってしまった。


一極集中の東京には学生オケも含めてアマオケがひしめきあっているものの

地方のアマオケは慢性的な団員不足。


私が所属している沼響は創設36年。


団員数は60名ほどであるものの楽器により偏在傾向。


今ホルンは過去自分の記憶にないほどのピンチになっている。

運営に関わる人材も不足気味だ。


今日はクリストフ・フォン・ドホナーニのストラヴィンスキーとバルトーク。


Uccd40016_ouh_extralarge


・バレエ《ペトルーシュカ》(1947年版) 

・ パントマイム《中国の不思議な役人》 Sz.73

  クリストフ・フォン・ドホナーニ指揮
  ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

  録音:1977年12月、1977年12月、1979年9月 
  ウイーン、ソフィエンザー ル

ロンドンレーベルの国内盤CD。

ドホナーニはクリーヴランド管弦楽団や北ドイツ放送交響楽団、フィルハーモニア管弦楽団の音楽監督や首席指揮者などの経歴の立派さもさることながら録音数もかなりの数を残している。


来日公演も数回。
それなのにあまり注目されていないような。



自分がドホナーニの演奏を初めて聴いたのはクラウディオ・アラウが弾いたグリーグとシューマンのピアノ協奏曲だった。1962年録音。




こちらはフィリップスへの録音で日本フォノグラムの廉価盤LP。

オケはコンセルトヘボウ管、ここでドホナーニはきっちり端正で壮大さにも欠けない良い伴奏を付けていた。



このストラヴィンスキーとバルトークでは特にバルトークが凄い。


緻密にして壮大、曲への共感がストレートに音化された気合い充分にして熱い演奏だ。

オケを圧倒するパイプオルガンの重厚な響きも凄まじい。


バルトークの組曲版はドホナーニの祖父、作曲家にして大ピアニストそして指揮者だったエルンスト・フォン・ドホナーニが初演を振っている。




「ペトルーシュカ」は1919年版でないのが惜しい。


こちらも良い演奏だが、バルトークの強烈な印象の前にこのCDでは前座的な存在になっている。

巨匠ドホナーニは現在89歳。


Youtubeはドホナーニのリハーサル「ローエングリン」第一幕前奏曲

| | コメント (0)

2019年1月30日 (水)

クーベリックの水上の音楽

今日は午前中から会議漬け。

午後に遠方からの来客。

なんと私の拙いブログ記事を読んでくださっている方だった。




今日はクーベリックのヘンデル。


先日ハードオフのジャンクコーナーから救出したLPで「水上の音楽」



グラモフォンの独逸盤LP、108円。






Sdsc00341



・水上の音楽    ;ヘンデル
  (クリサンダー版)

ラファエル・クーベリック指揮

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団

ウオルフガング・マイヤー(チェンバロ)


1963年3月 ベルリン、イエス・キリスト教会 録音




この演奏は国内盤の廉価盤LPが既に手元にあって。
ダブりを承知で独逸プレスの音との比較のために購入。



ところが聴き始めているうちに国内盤と収録曲が異なるのに気がついた。


独逸盤は「水上の音楽」のみ。


国内盤LPは「王宮の花火の音楽」とのカップリング。

二つをよく見ると独逸盤はクリサンダー版による演奏で全18曲。
国内盤は組曲標記で8曲。


どうやら国内盤はLPの収録可能時間の関係で全曲から8曲を抜粋して順序も変えていたようだ。


CDでは「水上の音楽」全曲に「王宮の花火の音楽」との組み合わせになっている。



演奏はモダンオケによる堅実なもの。

クーベリックはベルリンフィルのがっしりとしたアンサンブルをうまくドライヴ。

過度に重くならずに格調いヘンデルを聴かせてくれる。



同じ全曲録音でも20年後に同じベルリンフィルを振った、ムーティ盤のような華やかさとは異なるスタイル。ちなみにこちらはボイリング版。


そういえばベルリンフィルの「水上の音楽」全曲演奏にはモノラル時代にフリッツ・レーマン指揮の録音もあった。


さすがにこの演奏は手持ちにない。


他にはカラヤンの演奏もあったけれどあれはハーティ版による組曲だった。



このクーベリック盤を独逸盤と国内盤を聞き比べてみて音の違いに吃驚。

独逸盤は響きが凝縮した密度の濃い音。


一方の国内盤は音が左右に大きく広がる開放的な音。

独逸盤に比べて音そのものが甘い。


カッティングとプレスが異なるとこうも違うものか。


ちなみにイコライザーカーヴは両方ともffrr。



Youtubeはクーベリックのリハーサル

| | コメント (0)

2019年1月29日 (火)

東敦子の別宮貞雄「淡彩抄」

1月最後の週、雨は降らず富士山の雪も例年に比べて少ない。

家の近くの牛臥海岸でメガマウス打ち上がった


S_p9200651

ここは鯨とウミガメは時々打ち上がるがメガマウスは初めて。



駿河湾は奥が深い、古代鮫の潜む海。


先日日曜は家族で三保のテラコスタで食事。



20170306


若者でいっぱいの人気のイタリアン、前菜からしてヴォリュームたっぷり。





今日は東敦子の歌う日本歌曲を聴いていた。


Fontecが出していたCDで1989年のライヴ。



Sdsc00348



・別宮貞雄「淡彩抄」

・山田耕筰「風に寄せてうたへる春の歌」、

・高田三郎「ひとりの対話」

・平井康三郎「平城山」、

・日本古謡「さくらさくら」、

・山田耕筰「曼珠紗華」「中国地方の子守歌」

 
東敦子(ソプラノ)
横山修司(ピアノ)

 1989年10月7日 東京文化会館 ライヴ録音




東敦子は日本人として初めてウィーン国立歌劇場で「蝶々夫人」に出演。

その後メトロポリタン歌劇場やバイエルンやベルリン、ハンブルクの各国立歌劇場でも歌った国際的なソプラノ歌手。

体調を崩しオペラから引退し帰国してからはコンサート活動が中心になっていた。



このライヴもその時期の録音。


張りのある歌声の中に曲への共感がストレートに伝わるしみじみとした歌唱。

中でも別宮作品の「淡彩抄」が素晴らしい曲と演奏だ。

ピアノパートの美しい響きはラフマニノフを連想させる深い抒情が漂う。


youtubeは「淡彩抄」

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

ドウアットとリステンパルトのテレマン

寒波襲来、伊豆大島では雪が降った。
今日も晴天、朝の部屋の湿度は42%


午後に熊本で再び震度5の地震。



どうも昨年暮れから睡眠不如意。

平均睡眠時間は4~5時間程度だが特に昼間に眠くなることもないので
睡眠不足ではないのだろう。





夕食は隣町の鮮魚店「魚龍」の鯖の醤油干。


Sdsc00299

「魚龍」は代々の鮮魚店の分家で本家はかなり以前に廃業している。



自分が幼い頃、母に連れられ本家の鮮魚店に行ったときの様子は今でもはっきり覚えている。



その中で当時高校生らしき今の「魚龍」の御主人が元気に手伝っていたことも覚えている。



昔ながらの鮮魚店はすっかり姿を消してしまった中で「魚龍」さんの存在は貴重。



確かな眼力で市場から競り落とした鮮魚は、スーパーに並ぶパック物とは次元の異なる
逸品ばかりで夕方になると鮮魚を求める人達の行列ができるほど。


いつものちょっとしたおまけのサービスが嬉しい。

この鯖干は醤油味と塩味の2種類。

 
丸々として脂の乗ったもので1本250円は安い。





今日はテレマンを聴いていた。

86歳まで長命し、その活動期にバッハとヘンデルの生涯がすっぽり収まるバロック期の作曲家テレマン。

膨大な作品を残し生前バッハを凌ぐほどの名声だったというが、今ではあまり演奏されなくなったように思う。



実演では名手ギュットラーがアンコールで吹いたトランペット協奏曲が印象深い。

暖かなぬくもりの感じられる感動的な演奏だった。



LP期には著名なターフェルムジーク集をはじめかなりの録音が出ていたが、

CDになって新録音はさほど出ていないと思う。



今日は2枚聴いてみた。


どちらも日本コロンビアから出ていたLPで1枚はローラン・ドウアット指揮。


Sdsc00325


・ターフェルムジーク第2集からトランペット、オーボエ、弦楽器、
 クラブサンのための序曲

・ターフェルムジーク第1集からフルート、ヴァイオリン、
 チェロのための三重協奏曲。
 
 モーリス・アンドレ(トランペット)
 ピエール・ピエルロ(オーボエ)
 ジャン・ピエール・ランパル(フルート)
 ロベール・ジャンドウル(ヴァイオリン)
 ジャック・ネイルス(チェロ)
 ローランス・プレ(チェンバロ)

  ローラン・ドウアット(指揮)
  コレギウム・ムジクム・ドゥ・パリ

仏ムジディスク原盤。

ソリストにはトランペットのアンドレ、フルートのランパルらの著名な人達。


もう1枚はカール・リステンパルト指揮ザール室内管弦楽団による
もの。

仏クラブ・ドゥ・フランス原盤だが手持ちの日本コロンビア
盤には米エヴェレスト標記。

こちらのソリストにはヘルムート・ヴィンシャーマンの名前。



Sdsc00329


・合奏協奏曲第1番ニ長調


・合奏協奏曲第2番ニ長調


・3つのオーボエと弦楽のための組曲



 ヘルムート・ヴィンシャーマン
 ボルツ
 トウレン   (以上オーボエ)

  カール・リステンパルト(指揮)
  ザール室内管弦楽団


正直なところ2枚ともいつどんな状況で買ったのかも記憶が飛んでしまっている。

演奏の印象も皆無。


ところが今回イコライザーカーヴを合わせて聴き直してみてあらためて名曲名演であることに気がついた。

ドウアット盤はNABがピタリとはまりリステンパルト盤はAESだった。


両方ともジャケットにはご丁寧に録音特性RIAAの表示。


ドウアット盤では明るい音色のアンドレのトランペットが突出するわけでもなく、暖色系の弦楽器のふくよかな響きにうまく溶け合って響くのが心地よい。


ランパルのフルートも合奏のひとつのパーツとして聞こえながら、それでいてソロの部分では雄弁に自己主張。

ヴァイオリンソロ、チェロソロとの掛け合いも美しい。



リステンパルト盤では第2番のアダージョ楽章でのチェンバロとファゴットソロに絡み合いながら流れていくオーボエ2本の美しさ。


これは素晴らしい曲だ。



ついでに同じ合奏曲第1番をオーマンディー指揮フィラデルフィア管弦楽団の演奏で聴く。


Sdsc00339



モノラル時代から何種類か出ているフィラデルフィア管弦楽団の首席奏者達の演奏を集めたファーストチェアーと題した一連の録音中の1枚。

RCAに録音されたテレマンの協奏曲を集めたもの。
1968年録音。


とても同じ曲とは思えない絢爛豪華な音の饗宴。


今ではこのような演奏でのバロック音楽はほとんど聴かれなくなった。




Youtubeはギュットラーの吹くテレマン、トランペット協奏曲

| | コメント (0)

より以前の記事一覧