カテゴリー「本日の練習」の記事

2022年12月 2日 (金)

本日の練習、竹下先生の指揮

12月になった。昨日は今シーズン一番の冷え込みで北海道は吹雪。

出勤前、市民体育館建設現場の欅。

 

風に落ち葉が舞っていた。

Img_20221201_082032

 

サッカー・ワールドカップはスペインに勝利。

コスタリカとの敗戦のあと、自分はなんとなくワールドカップに気分が盛り下がり気味で、このスペイン戦を早起きして観戦する気持ちが失せていた。

スペイン強そうだし・・・・

 

ところが今朝起きたら老母がテレビの前に座っている。

リアルタイムで見るつもりで4時に起きていたらしい。

 

聞くと母が通っている老人保健施設では、ワールドカップの話で連日盛り上がっているとのこと。

 

へぇー・・・・

 

木曜日はオーケストラ。

今回は初登場の竹下先生の指揮。

曲はベートーヴェンの交響曲第1番とブルックナーの交響曲第4番第4楽章。

先生は21歳!


Img_20221201_190956

 

ここ2年ほど若手の音大生指揮者が来てトレーナーとして振ってくれている。

それぞれ個性的な人たちなのが面白い。

 

ベートーヴェンの第1番は沼響40年の歴史の中で初めて演奏する曲。

自分は降り番なので客席で観戦。


Img_20221201_194905

古典的な曲なので、きっちり振っていただけばそれなりの形になるのだけれど、随分とテンポが速い。

その上棒の振り方が明快のようでいて独特の癖があるので、演奏する側の受取り方がバラバラになり客席で聴いているとアンサンブルが微妙にずれていた。

うーん。

 

後半はブルックナーということで自分も参加。

冒頭からやはり速いテンポだけれど曲が進むにつれてだんだんと遅くなってきた。

隣で吹いている同志が「チェリビダッッケのようになってきた」と呟いている。

 

このテンポでは金管は後半でバテそうだ。

それでも遅いテンポのために他のパートの役割と曲の構造はよくわかった。

 

先生はブルックナーを指揮するのは初めてなのだろう。

一生懸命誠実に振っていただいているのだが、いかんせん未だこの曲の練習を始めて日の浅い沼響のメンバーは譜面を見るのに精一杯。

 

ブルックナーの巨峰、頂上は遥か彼方。

 

Youtubeはベートーヴェンの交響曲第1番、イヴァン・フィッシャー指揮ロイヤルコンセルトヘボウ管

| | コメント (0)

2022年11月25日 (金)

本日の練習、野村先生とブルックナー

昨日の深夜、午前2時頃に突然の激しい雷雨に目が覚めた。

今日は一日晴れた。

明日から天気が崩れるようだ。


Img_20221124_112559

空には秋の雲。

下方の小さな白い点は旅客機。

 

昨晩はオケの練習。

野村先生の指揮でブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」


316266758_5734339983352008_2150229099527

 

今日は演奏しているうちに24年前に吹いた記憶が突然よみがえってきた。

あのときの指揮は齋藤純一郎先生

 

チェリビダッケ直伝のブルックナー。

 

Youtubeはブルックナーの交響曲第4番、ヴァントの指揮

| | コメント (0)

2022年11月17日 (木)

本日の練習、文化センター地下でブルックナーの「ロマンティック」

どんより薄曇りの木曜日。

それなりに冷えてきてコロナウイルスの第8波がいよいよ現実になってきた。

 

日曜は孫を交えた家族総出で芋掘り。

今年のサツマイモは昨年ほどではないけれど結局形の悪いものばかり。

Img_20221118_104904

どうやら我が家の畑は土が硬くてサツマイモ向きではないようだ。

土の奥まで芋が伸びきれずに横に成長してしまっている。

 

昨日はサツマイモを採った跡地を耕運機で耕してエンドウマメの種を撒いたりしていた。

取り残しの小さなサツマイモが切れた破片となって沢山出てくる。

Dsc_0537

昨年買った種が中途半端に余っていたのが見つかったので、こちらも撒いてみた。
レタス、コマツナ、ダイコン、ハネギなど。
使用期限は過ぎているし撒く時期としては遅すぎるけれど様子を見てみよう。

 

舌の先に口内炎ができて、話をしたりホルンを吹くときに痛い。

ビタミンB剤を薬局で買ってきた。

 

そして今日の夜はオケの練習。

先週の練習が体調不良で休んでしまったけれど、今日は口内炎で調子は最悪。
さすがに今日は休めない。

 

仕事を早めに切り上げオフィス近くの「すきや」で牛すき鍋定食850円で栄養補給。

以前ならば高校時代からおなじみのキッチンボルカノに練習前に寄るのがルーティンだった。

けれどもコロナ禍以後閉店時間が早まってしまって、仕事帰りに寄るといつも閉まっている。

あのあんかけスパゲティを食べることができない。


Img_20190919_171841_20221117231301

今回は野村先生のご指導で管楽器のパート練習。

場所は市民文化センター地下のリハーサル室。

曲はブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」

 

ここは沼響草創期の練習場所。


Img_20221117_185242

狭くて音が吸い込まれてしまう最悪の音響。

今はホール練習ばかりになって、こんな劣悪な環境で練習していたとことを今更ながら思う。

 

2時間ほどの練習は、ほとんど通すだけで終わってしまった。

Youtubeはアバド指揮ウィーンフィルのブルックナーの「ロマンティック」。

このコンビの「ロマンティック」は1989年の来日公演で実演を聴いている。

ホルンソロはこの映像と同じヘーグナーだった。

| | コメント (0)

2022年11月 5日 (土)

本日の練習、ブルックナー初見大会そして「鎌倉殿の13人」大河ドラマ館

11月に入りここ数日穏やかな日が続く。


313437068_5674554322663908_4199316165392

 

文化の日の木曜日は晴れて気持ちの良い天気の1日だった。

午前中は家内と伊豆の国市の韮山時代劇場にある「鎌倉殿の13人」大河ドラマ館に行って来た。

自宅から車で15分ほどの距離。

 

休日にもかかわらず道が空いてたので、気が変わって内浦漁協「いけすや」でアジでも食べようと行ってみたらオープン前にすごい人。

駐車場も満車状態でほとんど関東圏のナンバー。

早々に諦めて最初の目的地伊豆の国市へ向かう。

まず伊豆の国市のコンサートホール、「アクシスかつらぎ」の事務室で11月20日開催の海瀬京子さんプロデュースのチケットを購入。


Original_20221105215401

 

昼食は近くの中華「与志富」の海老うま煮ラーメンと餃子。

 


313439926_5674554592663881_8245574081006

地元の人たちらしき方々で混んでいる中で威勢の良いお兄さんが一人で切り盛りをしている。途中でお母さんらしき人が入って手伝い始めた。
半分喧嘩のようなやりとりが面白い。

 

食後は韮山の「鎌倉殿の13人」大河ドラマ館へ。


313419798_5674554012663939_4782896550119

韮山は北条氏発祥の地。

番組に登場する在地豪族たちの氏が今でもそのまま地名に残っている。

北条、仁田、伊東、八田、江間・・・・そして牧の方の実家は沼津の大岡牧。

小学校の頃から遠足などでたびたび来ていた場所

 

静岡県東部が大河ドラマ「鎌倉殿の13人」前半の舞台でもあるので、今年の大河は珍しく家内も真剣に見ている。


313437431_5674553715997302_2000776402854

「鎌倉殿の13人」大河ドラマ館は、計画の途中で市長さんが変わって当初よりもだいぶ規模が小さくなったらしいけれども、コンパクトにまとまっていてなかなか面白かった。

 

夜は沼響でブルックナーほかの初見大会。

ファミリーコンサートも終わり、いよいよ来年の第39回定期演奏会へ向けての練習が始まった。

 

野村先生の指揮でモーツァルトの歌劇「後宮からの誘拐」序曲、ベートーヴェンの交響曲第1番。そしてブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」。


313908733_5673374136115260_5229072666987

ブルックナーは1998年の第14回定期演奏会以来だ。

奇しくもその時の前プログラムもモーツァルトの歌劇「後宮からの誘拐」序曲。

 

3時間になんなんとするヘビーな初見大会。

充実の文化の日。

 

Youtubeはブルックナーの「ロマンティック」の第4楽章終結部。チェリビダッケ指揮の壮絶な演奏

| | コメント (0)

2022年10月23日 (日)

ぬまきょうファミリーコンサート、本番終わる

芸術の秋、ここ数日良く晴れて今日の日中は半袖で十分なほど。

金曜から娘と孫が帰省していて賑やかな日々。

昨日自宅からの秋の空

Dsc_0514

今日は沼響ファミリーコンサートの本番。

コロナ禍で2年延期になりようやく実現したもの。

 

312446225_5637044669748207_2759459135715

 

今回は10月末のハロウィンにちなんで「おばけ」がテーマ。


312652986_5607271992686478_2301144194103

ハロウィンにちなんで団員それぞれ趣向を凝らしての仮装。

中世の修道僧の服をアマゾンから取り寄せたり、モーツァルト風のカツラや全身をその時代のコスチュームで整えたり、中にはカボチャをくりぬいた仮面を用意したり・・・

自分は事前にドンキに行ってハロウィングッズを物色。

カリブの海賊風のハットを格安(紙製50円!)で見つけたのでそれを着用。


312573751_5637045096414831_7787350554682

曲は

◎第一部
映画『E. T.』より飛行のテーマ
歌劇「ヘンゼルとグレーテル」より序曲
交響詩「はげ山の一夜」

◎第二部
交響詩「死の舞踏」  
操り人形の葬送行進曲
リメンバー・ミー
組曲「展覧会の絵」よりバーバ・ヤーガ、キエフの大門

指揮 松川 智哉

 

客層はやはり幼い子供達を連れた親子連れが目立っていた。

312490865_5637043499748324_7957369334108

中にはハロウィンにちなんだ仮装の幼い子供も多数入場。

ファミリーコンサートとはいえ、なかなか中身の濃いプログラムになっていたので小さな子供には難しかったかな・・・

途中で飽きたのか、子供たちの大きな声がホールを飛び交うなかでのコンサート。

 

演奏後の知人の感想では「死の舞踏」と「展覧会の絵」が良かったとのこと。

自分はウクライナのことが目に浮かび、「キエフの大門」にいつもと異なる思いを感じながら演奏していた。

団員の皆も同様だったのか、ことさら熱いものを感じさせる演奏になっていたと思う。

 

市長さんも来場されて好意的な感想をSNSに上げてくださっていた。

充実の一日。

 

Youtubeはレオ・フンテク編曲の「展覧会の絵」、ラヴェル編と似ていますがこちらの方が先に編曲されました。
演奏はアシュケナージ指揮スウェーデン放送響

| | コメント (0)

2022年10月17日 (月)

本日の練習、日曜練習いよいよ本番近し、そしてサヴァリッシュの「王宮の花火の音楽」のことなど

曇り時々雨。

今日はオフで雨の合間に畑作業。

茄子を始末したりして冬に備え畑の環境を整えていた。

 

帰省している娘と孫を連れて家内と隣町の「毎日牧場」で昼食。

早い時間だったので一番乗り。

ここのサラダバーはメニューが豊富なので幼児にも食べさせることができる。


Saladbar_2022_s1

ポイントカードの日付を見たら前回訪問は3年前。

ランチメニューその他、随分と高くなった。

 

昨日の日曜日は良い天気だった。

青い空に穏やかな狩野川の流れ。


Img_20221016_083334

昨日は仕事が入り夜はそのままオケの練習。

いよいよ一週間後の本番へ向けての追い込み。

 

木曜に引き続き米田先生の指揮。


309705781_5620187971433877_4561421735457

先生が仕事の都合で来るのが遅れ最初はインペクのTさんの指揮で数曲。


312054082_5620188321433842_5351347683279

先生到着後は「ET」と交響詩「死の舞踏」そのほか。

 

 

手持ちの「王宮の花火の音楽」管楽合奏版をいろいろ聴いている。

N響の名誉指揮者として度々来日していたウオルグガング・サヴァリッシュの指揮によるもの。

EMI録音の東芝LP.

Eay2ygpvuamttv-1

・組曲「王宮の花火の音楽」 (管楽合奏版) :ヘンデル

・ディヴェルティメント第46番 変ロ長調Hob.II.46 :伝ハイドン

・セレナード第10番「グラン・パルティータ」から第1、第7楽章
                      :モーツァルト

 ウオルフガング・サヴァリッシュ(指揮)
 バイエルン国立歌劇場管弦楽団

    録音 1973年7月

ヘンデル、ハイドン、モーツァルトの管楽合奏による作品を収録。

ハイドンの作品は正確には「フェルトパルティエン(野外のための組曲)第6番」でその第2楽章が「聖アントニウスのコラール」として知られる。


後にブラームスがこのテーマから「ハイドンの主題による変奏曲」を作曲している。
編成は2本のオーボエ、ホルン、ファゴット、セルパン。

実はこの曲がハイドンの作品かどうかは疑問が持たれている。

 

「王宮の花火の音楽」は管楽合奏とはいえこの演奏は初演版とは大きく異なり、オーボエやファゴットなど、おそらくダブルリード族は通常のオケの編成に若干増強した程度だと思う。


実演で聴いた「レ・ヴァン・ロマンティーク・トウキョウ」や同じモダン楽器によるマッケラス、ソマリー盤などの録音比べても響きはかなり薄い。

序曲あたりは音の厚みがもの足りない。

他のナンバーでは透明な響きがそれなりに楽しめる。

特に第2曲は細かな表情付けが見通しの良い演奏になっている。
アンサンブルも精密だ。

きちんと整った生真面目で室内楽的な演奏。

サヴァリッシュらしいな。

 

Youtubeはチェンバロ連弾の「死の舞踏」

| | コメント (2)

2022年10月14日 (金)

本日の練習、本番まであと10日

10月も半ばの金曜日、曇りのち晴れ。

日の最高気温、23度。

画像は火曜の昼食、オフィス近くの台湾料理店「萬品香」のオムカレープラス半台湾ラーメン。


Img_20221011_130405

このお店は中華料理店だけど、なぜこのオムカレーはなかなかいける。

 

今日の午前中は、先週木曜に転倒し後頭部を負傷した母を病院に連れて行き抜糸。

水曜日には同じ病院の脳外科で定期健診が入っていて、この時は10時に病院に入って終わったのは午後の2時。

今日も覚悟していたけれど抜糸のみだったので早く終わった。

 

このところ慢性的な睡眠不足で、集中力の欠ける日々。

 

昨晩はオケの練習。

練習前にホールの自販機でお茶を買おうとしたら、お金を入れたけれどもボトルが出てこない。

?????

足りなかったのかな?

返金のレバーを回しても出てこない??
試しにもう一度新たにコインを入れたけれどもダメ・・・・

さすがにこれは変だと気づいて事務所に行く。

職員は皆、よく知る顔ぶれ。

事の次第を説明すると返金してくれた。

最近、ドリンクが値上がりして自販機の設定を調整をしたとのこと。

 

なんとなく練習前に出鼻を挫かれた思い。

 

練習が始まりマスクを外したらマスクのヒモが切れた・・・

嗚呼・・・今日は一体。

休憩時間に車まで予備マスクを取りに行こうとしたら雨が降っていた・・・

傘はなく車まで走る。


Img_20221013_201907

本番まであと10日。

 

米田先生の指揮で「展覧会の絵」、「はげ山の一夜」その他
場所は大ホール。

自分は甚だ集中力に欠け、不本意な出来。


Img_20221013_201648

練習用のメガネを忘れて譜面がよく見えん。

最悪の一日。

Youtubeはイギリスの名指揮者サー・エイドリアン・ボールトの「はげ山の一夜」、かなり改変されたボールト版の演奏。

| | コメント (0)

2022年9月30日 (金)

本日の練習、本番近し

長かった夏もいつのまにか終わり明日から10月。


Dsc_0496

庭のキンモクセイとギンモクセイが咲いている。

橙色はキンモクセイ、薄いベージュはギンモクセイ。


Img_20220930_095409

キンモクセイはギンモクセイの変種。

今年はギンモクセイが元気。


Img_20220930_092142

サルノコシカケも出てきた。

もう秋。

 

昨日は一日雨で気温が非常に下がり半袖では寒いほどだったけれど、今日は晴れて日中は暑くなってきた。

 

今日はオフで母をディサービスに送り出した後に隣町のショッピングモール「サントムーン」で棚の部材を購探していた。

母が最近よく転ぶので滑り止めマットも合わせて購入。

平日とはいえかなり混んでいる。

各地の駅前商店街は軒並みシャッター通りと化しているけれど、ここと「ららぽーと」はいつも大層なにぎわい。

 

午後は畑で白菜を定植。

 

木曜日はオーケストラ。

 

本番が近づいてきて松川先生の指導は細かいものになってきている。


Img_20220929_205513

曲はフンパーディンクの歌劇「ヘンゼルとグレーテル」序曲、交響詩「はげ山の一夜」その他。

昨年は中止になり今回は3年ぶりの公演。,

 

昨年からの2年越しの同じ曲の練習。

奇しくもこの間何人かの若手指揮者の方の解釈を経験することになった。

 

Youtubeは「ヘンゼルとグレーテル」から、メトロポリタンオペラのホルンセクション

 

| | コメント (0)

2022年9月23日 (金)

本日の練習、松川先生の指揮そしてスクロヴァチェフスキーのヘンデルのことなど

曇り時々雨、南からは台風が接近中。

このシルバーウィークは前半後半の連休が狙ったかのように2つの台風の影響を受けている。

彼岸の入りから涼しくなって、いつのまにか蝉の鳴く声が聞こえなくなった。

 

家の近くのヒガンバナはまだ蕾の状態。


数年前まではきっちりお彼岸には赤い花を咲かせていたのが、このところ咲くのが遅くなっている。


Img_20220922_082033

昨日は晴れて出勤途中の狩野川堤防上から箱根方面。

空はすっかり秋の雲。

 

そして夜はオケの練習。

今回は本番を振っていただく松川先生の指揮。

「展覧会の絵」からババ・ヤーガの小屋とキーウの大門を中心に。


Img_20220922_202613

 

今までは小ホールでの練習だったのが今回は本番の会場、大ホール。

来月の本番を間近に控えてかなり細かな練習になってきた。

 

今までの小ホールとは響きが異なり、気づかなかったアラがいろいろと見えてくる。

 

今日はスクロヴァチェフスキーのヘンデルも聴いていた。

米ターナバウトのLPで「水上の音楽」と「王宮の花火の音楽」のカップリング。


R195633416060093121877

・組曲「水上の音楽」
・組曲「王宮の花火の音楽」

 スタニスラフ・スクロヴァチェフスキー(指揮)
 ミネソタ交響楽団

  録音 1974年

 

「水上の音楽」は8曲を演奏。おそらくクリサンダー版、「王宮の花火の音楽」はハーティ版を使用。

いずれもモダンオケによるかつての標準的な版。

 

このディスクは学生時代にFMで初めて聴いた。

ある日、狭いアパートの一室でごろんと寝そべっていると、小さなラジカセから素晴らしい音が聞こえてきた。

輝かしい響きにスパッと冴えたリズム感。

この演奏を聴いてスクロヴァチェフスキーという長い名前の指揮者が好きになった。

 

今聴いても石英のような純なオケの響きと格調高い音楽造りに強く惹かれる。

 

Youtubeはエルヴィン・ニケ指揮コンセールスピリチュアルの「王宮の花火の音楽」

 

| | コメント (0)

2022年9月19日 (月)

本日の練習、ファミリーコンサートの練習は山上紘生先生

9月も後半の月曜日、三連休直撃の大型台風は九州に上陸した後山陰から北陸方面へ東上中。

今日は朝に雨が降ったものの日中は良く晴れて、最高気温も30度を超えた蒸し暑い一日。

朝、お寺に行きお彼岸の付け届けをした後に畑作業。

昼前には先日法事だった親戚のおばさんが来訪、母を交えてしばし歓談。

夜はエリザベス女王の国葬のテレビ中継を見ていた。

 

昨晩は来月開催の「ぬまきょうファミリーコンサート」の練習。


307920594_5537757083010300_8159979590551

指揮は東京シティフィル指揮研究員の山上紘生先生

いろいろあって昨年は中止、今年は何とか開催できそうだ。


307762965_5537758389676836_8111768657014

 

ポスターとチラシもようやくできた。


307453939_5537759873010021_2589220059521

 

曲は昨年から練習してはいるものの途中定演を挟んでしまって、なんとなく中途半端な仕上がり具合。

あと数回の練習でどこまで完成度を上げることができるのか。


307639779_5537758903010118_7970886464528

 

来年の第39回定演の曲目詳細が決まった。

・歌劇「後宮からの誘拐」序曲     :モーツァルト
・交響曲第1番ハ長調         :ベートーヴェン
・交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」:ブルックナー

 

今年のブラームスに引き続き独墺系のプログラム。 

奇しくも前プロは「ロマンティック」がメインだった第14回定演と同じ曲。

さすがに四半世紀近く前のことなのでその頃のメンバーは数えるほど。 

 

Youtubeはフェドセーエフの「はげ山の一夜」

| | コメント (0)

より以前の記事一覧